米国株のセクター・業種の分類を覚えておこう(2018年変更後)

はじめに

米国株の銘柄を調べるとき、米国株のセクター・業種がどのように分かれていて、各銘柄がどのセクター・業種に含まれるかを知っておくと便利ですね。

たとえば、ウォルト・ディズニー(DIS)は、下記のように、「Sector: Communication Services」「Industry: Entertainment」となっています。Entertainmentはわかりますが、Communication Servicesはわかりずらいですね。これは、2018年から分類基準が変更されたことによります。

米国株のセクター・業種の分類基準

米国株のセクター・業種の分類は、「Global Industry Classification Standard(GICS:世界産業分類基準)」に基づいており、セクターは全部で11種類あります。まずこの11種類を覚えておくと、銘柄を調べやすくなります。

GICSは、2018年9月に、以前の「Telecommunication services :通信サービス」を、「Communication services:コミュニケーションサービス」に変更しました。この変更によって、以前「Information Technology:情報技術」に含まれていたネット関連サービスや、以前「Consumer Discretionary(一般消費財)」に含まれていた娯楽関係が、このコミュニケーションサービスに移動になっています。

  • Energy(エネルギー)
  • Materials(素材)
  • Industrials(資本財)
  • Consumer Discretionary(一般消費財)
  • Consumer Staples(生活必需品)
  • Health Care(ヘルスケア)
  • Financials(金融)
  • Information Technology(情報技術)
  • Communication Services(コミュニケーションサービス)※通信サービスから2018年に変更
  • Utilities(公益事業)
  • Real Estate(不動産)

セクターの下のインダストリーグループ、およびインダストリーは以下の表の通りです。いくつか特徴をあげておきます。

  • Consumer Discretionary(一般消費財)の下に、Retail(小売)があって、その下にInternet & Direct Marketing Retailがあります。アマゾンはここに含まれています。
  • Consumer Staples (生活必需品:Consumer Difensiveとも呼ばれます)の下は、飲食と日用品に分かれます。
  • Information Technology(情報技術)は、ソフトウェア、ハードウェア、半導体に分かれます。アップルはこのハードウェアに属しています。
  • Communication Services(コミュニケーションサービス)は、Telecommunication Services(電気通信)と、Media & Entertainmentに分かれます。このMedia & Entertainmentの方は、Media、Entertainment、Interactive Media and Serviceの3つに細分されていて、Entertainmentには上のウォルト・ディズニー、Interactive Media and Serviceにはグーグルフェイスブックなどが含まれています。

【GICS:世界産業分類基準】(赤色は、2018年変更後

SectorIndustry GroupIndustry
EnergyEnergyEnergy Equipment & Services
Oil, Gas & Consumable Fuels
MaterialsMaterialsChemicals
Construction Materials
Containers & Packaging
Metals & Mining
Paper & Forest Products
IndustrialsCapital GoodsAerospace & Defense
Building Products
Construction & Engineering
Electrical Equipment
Industrial Conglomerates
Machinery
Trading Companies & Distributors
Commercial & Professional ServicesCommercial Services & Supplies
Professional Services
TransportationAir Freight & Logistics
Airlines
Marine
Road & Rail
Transportation Infrastructure
Consumer DiscretionaryAutomobiles & ComponentsAuto Components
Automobiles
Consumer Durables & ApparelHousehold Durables
Leisure Products
Textiles, Apparel & Luxury Goods
Consumer ServicesHotels, Restaurants & Leisure
Diversified Consumer Services
RetailingDistributors
Internet & Direct Marketing Retail
Multiline Retail
Specialty Retail
Consumer StaplesFood & Staples RetailingFood & Staples Retailing
Food, Beverage & TobaccoBeverages
Food Products
Tobacco
Household & Personal ProductsHousehold Products
Personal Products
Health CareHealth Care Equipment & ServicesHealth Care Equipment & Supplies
Health Care Providers & Services
Health Care Technology
Pharmaceuticals, Biotechnology & Life SciencesBiotechnology
Pharmaceuticals
Life Sciences Tools & Services
FinancialsBanksBanks
Thrifts & Mortgage Finance
Diversified FinancialsDiversified Financial Services
Consumer Finance
Capital Markets
Mortgage Real Estate Investment Trusts (REITs)
InsuranceInsurance
Information TechnologySoftware & ServicesIT Services
Software
Technology Hardware & EquipmentCommunications Equipment
Technology Hardware, Storage & Peripherals
Electronic Equipment, Instruments & Components
Semiconductors & Semiconductor EquipmentSemiconductors & Semiconductor Equipment
Communication ServicesTelecommunication ServicesDiversified Telecommunication Services
Wireless Telecommunication Services
Media & EntertainmentMedia
Entertainment
Interactive Media & Services
UtilitiesUtilitiesElectric Utilities
Gas Utilities
Multi-Utilities
Water Utilities
Independent Power and Renewable Electricity Producers
Real EstateReal EstateEquity Real Estate Investment Trusts (REITs)
Real Estate Management & Development
コラム
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄16種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました