IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データの最終更新日は、2022年8月07日です。
個別銘柄の業績・株価比較チャート(米国株.com式)の最終更新日は、2022年8月06日です。
コラム

米国株のセクター・業種の分類を覚えておこう(2018年変更後)

はじめに

米国株の銘柄を調べるとき、米国株のセクター・業種がどのように分かれていて、各銘柄がどのセクター・業種に含まれるかを知っておくと便利ですね。

たとえば、ウォルト・ディズニー(DIS)は、下記のように、「Sector: Communication Services」「Industry: Entertainment」となっています。Entertainmentはわかりますが、Communication Servicesはわかりずらいですね。これは、2018年から分類基準が変更されたことによります。

米国株のセクター・業種の分類基準

米国株のセクター・業種の分類は、「Global Industry Classification Standard(GICS:世界産業分類基準)」に基づいており、セクターは全部で11種類あります。まずこの11種類を覚えておくと、銘柄を調べやすくなります。

GICSは、2018年9月に、以前の「Telecommunication services :通信サービス」を、「Communication services:コミュニケーションサービス」に変更しました。この変更によって、以前「Information Technology:情報技術」に含まれていたネット関連サービスや、以前「Consumer Discretionary(一般消費財)」に含まれていた娯楽関係が、このコミュニケーションサービスに移動になっています。

  • Energy(エネルギー)
  • Materials(素材)
  • Industrials(資本財)
  • Consumer Discretionary(一般消費財)
  • Consumer Staples(生活必需品)
  • Health Care(ヘルスケア)
  • Financials(金融)
  • Information Technology(情報技術)
  • Communication Services(コミュニケーションサービス)※通信サービスから2018年に変更
  • Utilities(公益事業)
  • Real Estate(不動産)

セクターの下のインダストリーグループ、およびインダストリーは以下の表の通りです。いくつか特徴をあげておきます。

  • Consumer Discretionary(一般消費財)の下に、Retail(小売)があって、その下にInternet & Direct Marketing Retailがあります。アマゾンはここに含まれています。
  • Consumer Staples (生活必需品:Consumer Difensiveとも呼ばれます)の下は、飲食と日用品に分かれます。
  • Information Technology(情報技術)は、ソフトウェア、ハードウェア、半導体に分かれます。アップルはこのハードウェアに属しています。
  • Communication Services(コミュニケーションサービス)は、Telecommunication Services(電気通信)と、Media & Entertainmentに分かれます。このMedia & Entertainmentの方は、Media、Entertainment、Interactive Media and Serviceの3つに細分されていて、Entertainmentには上のウォルト・ディズニー、Interactive Media and Serviceにはグーグルフェイスブックなどが含まれています。

【GICS:世界産業分類基準】(赤色は、2018年変更後

SectorIndustry GroupIndustry
EnergyEnergyEnergy Equipment & Services
Oil, Gas & Consumable Fuels
MaterialsMaterialsChemicals
Construction Materials
Containers & Packaging
Metals & Mining
Paper & Forest Products
IndustrialsCapital GoodsAerospace & Defense
Building Products
Construction & Engineering
Electrical Equipment
Industrial Conglomerates
Machinery
Trading Companies & Distributors
Commercial & Professional ServicesCommercial Services & Supplies
Professional Services
TransportationAir Freight & Logistics
Airlines
Marine
Road & Rail
Transportation Infrastructure
Consumer DiscretionaryAutomobiles & ComponentsAuto Components
Automobiles
Consumer Durables & ApparelHousehold Durables
Leisure Products
Textiles, Apparel & Luxury Goods
Consumer ServicesHotels, Restaurants & Leisure
Diversified Consumer Services
RetailingDistributors
Internet & Direct Marketing Retail
Multiline Retail
Specialty Retail
Consumer StaplesFood & Staples RetailingFood & Staples Retailing
Food, Beverage & TobaccoBeverages
Food Products
Tobacco
Household & Personal ProductsHousehold Products
Personal Products
Health CareHealth Care Equipment & ServicesHealth Care Equipment & Supplies
Health Care Providers & Services
Health Care Technology
Pharmaceuticals, Biotechnology & Life SciencesBiotechnology
Pharmaceuticals
Life Sciences Tools & Services
FinancialsBanksBanks
Thrifts & Mortgage Finance
Diversified FinancialsDiversified Financial Services
Consumer Finance
Capital Markets
Mortgage Real Estate Investment Trusts (REITs)
InsuranceInsurance
Information TechnologySoftware & ServicesIT Services
Software
Technology Hardware & EquipmentCommunications Equipment
Technology Hardware, Storage & Peripherals
Electronic Equipment, Instruments & Components
Semiconductors & Semiconductor EquipmentSemiconductors & Semiconductor Equipment
Communication ServicesTelecommunication ServicesDiversified Telecommunication Services
Wireless Telecommunication Services
Media & EntertainmentMedia
Entertainment
Interactive Media & Services
UtilitiesUtilitiesElectric Utilities
Gas Utilities
Multi-Utilities
Water Utilities
Independent Power and Renewable Electricity Producers
Real EstateReal EstateEquity Real Estate Investment Trusts (REITs)
Real Estate Management & Development

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました