IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データの最終更新日は、2022年8月07日です。
個別銘柄の業績・株価比較チャート(米国株.com式)の最終更新日は、2022年8月06日です。
コラム

TradingViewのブラックフライデー・セールがスタート!

はじめに

TradingViewのブラックフライデー・セールが11月23日にスタートしました。
2020年11月23日:日本時間午後5時スタート、5日間

TradingViewのブラックフライデー・セール

TradingViewは、毎年1回、「ブラックフライデー・セール」として、サービス利用料を大幅にディスカウントする期間を設定しています。

ブラックフライデーとは、(Black Friday)は米国で感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のことで、一年で買い物が最も行われるクリスマス商戦(ホリデーシーズン)の開始の日です。なぜ「ブラック」かというと、「セールによって小売店の売上が増え、どんなお店でも黒字になるから」というのが通説です。
ブラックマンデー(株の大暴落)と違って、ブラックフライデーはとてもラッキーな日です。

TradingViewの通常の利用料

TradingViewの利用料は、通常、以下のような設定になっています。

月払い契約の場合

年契約の場合(Proプランでは約14%、Pro+プランとPremiumプランでは約17%の割引となります。)

TradingViewのブラックフライデー・セールの料金

下記は、ブラックフライデー・セールの料金です。
Proプランでは-40%、Pro+プランでは-50%、Premiumプランでは-60%と大幅な割引き、さらに1カ月無料となっています。
また、新規のユーザーだけでなく、既存のユーザーの方も割引きの対象になっています。

TradingViewを安く長く利用するには、ブラックフライデー・セールを利用しよう

TradingViewを、安くそして長く利用するには、ブラックフライデー・セールを利用することが最も有利です。TradingViewを毎日のトレードやチャート分析に利用している方は、ぜひこのブラックフライデー・セールを利用してください。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました