テスラのビットコイン投資15億ドルを、年次報告書「10-K」で確認してみよう

テスラがビットコイン投資15億ドルを開示した「10-K」とは?

2021年2月8日、テスラが年次報告書「フォーム10-K」においてビットコインへの投資15億ドルを開示したことで、ビットコインが急騰して最高値を更新、またビットコイン関連銘柄が買われました。

今回の記事では、上記のテスラの開示内容について、実際にSECのサイトで確認してみたいと思います。

テスラの開示書類が閲覧できるSECのサイトのリンクは、こちらです。

このSECのサイトは、日本の金融庁の「EDINET」と同様のものですね。

「フォーム10-K」とは、米国の上場企業が米証券取引委員会(SEC:Securities and Exchange Commission) に提出する年次の業績報告書です。なお「フォーム10-Q」は四半期の業績報告書です。

日本の「有価証券報告書」に相当するのが10-K、「四半期報告書」に相当するのが10-Qですね。

フォーム10-Kは、以下のような構成になっています。財務諸表は、PART II.の「Item 8. Financial Statements and Supplementary Data」で開示されています。今回、テスラがビットコインの投資について開示しているのは、PART I.の「Item 1A. Risk Factors」という章です。

【フォーム10-Kの構成】

PART I.
Item 1. Business
Item 1A. Risk Factors
Item 1B. Unresolved Staff Comments
Item 2. Properties
Item 3. Legal Proceedings
Item 4. Mine Safety Disclosures

PART II.
Item 5. Market for Registrant’s Common Equity, Related Stockholder Matters and Issuer Purchases of Equity Securities
Item 6. Selected Consolidated Financial Data
Item 7. Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations
Item 7A. Quantitative and Qualitative Disclosures About Market Risk
Item 8. Financial Statements and Supplementary Data
Item 9. Changes in and Disagreements with Accountants on Accounting and Financial Disclosure
Item 9A. Controls and Procedures
Item 9B. Other Information

PART III.
Item 10. Directors, Executive Officers and Corporate Governance
Item 11. Executive Compensation
Item 12. Security Ownership of Certain Beneficial Owners and Management and Related Stockholder Matters
Item 13. Certain Relationships and Related Transactions, and Director Independence
Item 14. Principal Accountant Fees and Services

PART IV.
Item 15. Exhibits and Financial Statement Schedules
Item 16. Summary

テスラのビットコイン投資をめぐる開示内容

それでは、テスラのビットコイン投資をめぐる開示内容を確認してみてみたいと思います。

ITEM 1A. RISK FACTORS

(以下、ビットコインに関する記述部分だけを紹介します。)

We hold and may acquire digital assets that may be subject to volatile market prices, impairment and unique risks of loss.

(当社は、ボラタイルな市場価格、減損、および固有の損失リスクにさらされる可能性のあるデジタル資産を保有・取得する可能性があります。)

In January 2021, we updated our investment policy to provide us with more flexibility to further diversify and maximize returns on our cash that is not required to maintain adequate operating liquidity. As part of the policy, which was duly approved by the Audit Committee of our Board of Directors, we may invest a portion of such cash in certain alternative reserve assets including digital assets, gold bullion, gold exchange-traded funds and other assets as specified in the future. Thereafter, we invested an aggregate $1.50 billion in bitcoin under this policy and may acquire and hold digital assets from time to time or long-term. Moreover, we expect to begin accepting bitcoin as a form of payment for our products in the near future, subject to applicable laws and initially on a limited basis, which we may or may not liquidate upon receipt.

(2021年1月、当社は、十分な営業流動性を維持するために必要とされない現金について、リターンをより多様化・最大化するための柔軟性を備えるために、投資方針を更新しました。 取締役会の監査委員会によって正式に承認された当該投資方針の中で、当社はかかる現金の一部を、デジタル資産、金、金ETF、その他を含む代替的な資産に投資する場合があります。 当社はこの投資方針に基づき、ビットコインに総額15億ドルの投資を行いました。当社はデジタル資産を随時または長期的に取得および保有する可能性があります。 さらに、当社製品の支払い方法としてのビットコインの受付を、根拠法に準拠し且つ限定的に、受領時の換金の有無を問わず、開始する予定です。)

The prices of digital assets have been in the past and may continue to be highly volatile, including as a result of various associated risks and uncertainties. For example, the prevalence of such assets is a relatively recent trend, and their long-term adoption by investors, consumers and businesses is unpredictable. Moreover, their lack of a physical form, their reliance on technology for their creation, existence and transactional validation and their decentralization may subject their integrity to the threat of malicious attacks and technological obsolescence. Finally, the extent to which securities laws or other regulations apply or may apply in the future to such assets is unclear and may change in the future. If we hold digital assets and their values decrease relative to our purchase prices, our financial condition may be harmed.

(デジタル資産の価格は、従来から、また今後においても、さまざまなリスクや不確実性によって、非常にボラタイルでありつづける可能性があります。 デジタル資産の普及は比較的最近の傾向であり、投資家、消費者、および企業によるそれらの長期的な普及は、予測できません。さらに、物理的な形式の欠如、生成やトランザクションの検証のためのテクノロジー依存、および分散化により、悪意のある攻撃やテクノロジーの陳腐化の脅威にさらされる可能性があります。 最終的に、証券取引法またはその他の規制がそのような資産に適用される、または将来適用される範囲は不明確であり、将来変更される可能性があります。 当社がデジタル資産を保有し、その価値が購入価格に比べて低下した場合、当社の財政状態が損なわれる可能性があります。)

Moreover, digital assets are currently considered indefinite-lived intangible assets under applicable accounting rules, meaning that any decrease in their fair values below our carrying values for such assets at any time subsequent to their acquisition will require us to recognize impairment charges, whereas we may make no upward revisions for any market price increases until a sale, which may adversely affect our operating results in any period in which such impairment occurs. Moreover, there is no guarantee that future changes in GAAP will not require us to change the way we account for digital assets held by us.

(さらに、デジタル資産は現在適用される会計規則では、耐用年数を確定できない無形資産とされています。つまり、取得後に公正価値が当社の帳簿価額を下回った場合はいつでも、減損損失を認識する必要があります。 一方で売却まで市場価格の上昇については帳簿価格の修正を行いません。よってかかる減損が発生した期間において当社の経営成績に悪影響を与える可能性があります。 さらに、GAAP(一般に公正妥当と認められた会計原則)の将来の変更は、当社が保有するデジタル資産の会計処理方法の変更を要求しないという保証はありません。

Finally, as intangible assets without centralized issuers or governing bodies, digital assets have been, and may in the future be, subject to security breaches, cyberattacks or other malicious activities, as well as human errors or computer malfunctions that may result in the loss or destruction of private keys needed to access such assets. While we intend to take all reasonable measures to secure any digital assets, if such threats are realized or the measures or controls we create or implement to secure our digital assets fail, it could result in a partial or total misappropriation or loss of our digital assets, and our financial condition and operating results may be harmed.

(最後に、一元化された発行体や統治機関のない無形資産として、デジタル資産は、従来から、また今後においても、デジタル資産にアクセスするための秘密鍵の紛失や破壊につながる人的エラーやコンピュータの誤動作と同様に、セキュリティ違反、サイバー攻撃、またはその他の悪意のある行動の対象とされます。当社はデジタル資産を保護するためにあらゆる合理的な措置を講じますが、そのような脅威が実現した場合、またはデジタル資産を保護するために設定または実装した措置や統制が失敗した場合、デジタル資産の部分的または全体的な不正流用または損失につながる可能性があり、そして当社の財政状態および経営成績が損なわれる可能性があります。)

フォーム10-Kや10-Qは、上場企業自体が開示している書類なので、他のどんなニュースソースよりも正確です。自分が投資している銘柄の10-Kや10-Qは、ときどきアクセスして読んでみることをおすすめします。

コラム
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄13種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました