IG証券
コラム

テスラ急騰。株式分割の計画を発表(株式分割のための株式数増加を、株主総会で承認要請)

テスラ急騰、株式分割に向けた計画を発表

2022年3月28日、テスラ株が△8%の急騰で引けています。

これは「株式分割のための株式数増加を、株主総会で承認要請する計画」について、Form-8K(日本でいう臨時報告書)をSECに提出したためです。

データ元:Form-8K, 2022-03-28
Stock Dividend
On March 28, 2022, Tesla, Inc. announced its plan to request stockholder approval at the upcoming 2022 Annual Meeting of Stockholders for an increase in the number of authorized shares of common stock through an amendment to the Company’s Amended and Restated Certificate of Incorporation in order to enable a stock split of the Company’s common stock in the form of a stock dividend. Tesla’s Board of Directors  has approved the management proposal, but the stock dividend will be contingent on final Board approval.

(当サイト訳)
株式分割
2022年3月28日、テスラ社は、来たる2022年の年次株主総会において、定款変更を通じた普通株式数の増加について、株主の承認を要求する計画を発表しました。 これは、株式配当のかたちで当社普通株式の株式分割を可能にするためです。なお、当社取締役会は経営陣の上記計画を承認しましたが、株式配当は取締役会の最終的な承認が必要となります。

株式数の増加はそれほど重要ではなく、株式分割を計画していることが重要です。

 

テスラは前回、2020年8月初旬に5対1の株式分割を発表しています。今回の株式分割計画も、2020年の株式分割も、かたちとしてはともに株式配当です。

2020年の株式分割の際のプレスリリース

Aug. 11, 2020 Tesla, Inc. announced today that the Board of Directors has approved and declared a five-for-one split of Tesla’s common stock in the form of a stock dividend to make stock ownership more accessible to employees and investors.
(当サイト訳)
テスラ社取締役会は、従業員と投資家が株式を所有しやすくするために、株式配当のかたちで当社普通株式を5対1で分割することを承認し、宣言しました。

現在のテスラ株は、約1,000ドルです。これがもし200ドルになれば、多くの個人投資家にとって購入しやすくなりますね。

他の巨大テック企業の株式分割の動きとしては、アルファベット(グーグルの親会社)とアマゾンがあげられます。

グーグルの親会社であるアルファベットは、2月初旬に20対1の株式分割を発表しました。発表後、株価は7.5%急騰、またアマゾンは、同社が株式を20対1で分割する計画を発表した後、5.4%急騰しています。

なおテスラは、今回の株式分割にむけた承認を要請する「2022年の年次株主総会」の日程はまだ発表していません。 2021年の株主総会は、10月にテキサス州オースティンで開催されました。

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました