IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
コラム

テスラが日本で値下げ、マーケットシェア拡大戦略に移行中。EV競合へのプレッシャーも上昇中。

テスラが日本で値下げ

テスラが日本で値下げしましたね。モデル3のスタンダードレンジは本体価格が511万円から429万円へ、82万円の大幅値下げになっています。

テスラの日本向けWebサイト

各種の情報をまとめると;

新価格の適用は2月17日からの注文分。すでに注文してしまって納車待ちの場合は、キャンセルして新たに注文すれば新価格が適用されると考えられるが、この場合は細かい条件などをテスラに確認すべし。
という状況のようですが、注文済みの方は、自分でよく確認してください。

テスラの戦略の変化

今回日本で値下げになった対象は、スタンダードレンジモデルとロングレンジモデルの2モデルです。これらは新しく稼働を開始した上海ギガファクトリーで製造されたもので、搭載バッテリーも変更されています。各種コスト削減に加えて、北米から輸送するよりも、上海から輸送するほうが輸送コストも下がります。

テスラの値下げは、今回だけではありません。特に中国市場では、2019年~2020年に複数回の値下げを実施しています。

今回の日本市場での値下げで見えることは、2点と考えます。

テスラは、上海ギガファクトリーの稼働によって、経営戦略のコアが「ブランドの確率」から「(コスト削減・値下げによる)マーケットシェアの拡大」に移行しつつある
これまで日本市場ではテスラはあまり売れていなかったが、今後日本でマーケットシェアを拡大させる可能性があり、日本のEVメーカーにとっては脅威が大きくなる

とにかく日本の消費者にとっては良いニュースですが、日本のEV市場が活性化するとより良いですね。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました