IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 TSM:Taiwan Semiconductor Manufacturing Company, Ltd.(ティーエスエムシー)

台湾のTSMCは、半導体受託製造(ファウンドリ)で世界最大の会社です。
(自社で設計・製造・販売を行う「IDM(垂直統合)」型のインテル、マイクロンなどを除いて、)設計と販売のみを自社で行う「ファブレス」型の大手企業を顧客に持ちます。(例:クアルコム、AMD、NVIDIA、アップル、ブロードコムなど。以前はファーウェイも顧客でしたが、2020年9月以降は米国政府のファーウェイ制裁を順守して取引停止中です。)
TSMCでまず注目頂きたいのは、「利益率の高さ」です。下の「業績はやわかりチャート」をご覧いただければ分かる通り、変動が激しい業界の中で異様に高い利益率を保持しています。
TSMCの現在の売上の約半分はスマホ向け半導体です。今後5GスマホやHPC(High-Performance Computing)製品の需要が高まり、目先の数年間は売上高の増加が確実視されています。

米中貿易摩擦で最も漁夫の利を得たのは、台湾とされます。中国のファウンドリの台頭を含め今後も目が離せない銘柄です。

 


業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2022年06月25日


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました