IG証券
【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。

ISM指数とは?

ISM指数とは、米国の全米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が発表する企業の景況感を示す指数で、「ISM製造業指数(PMI:Purchasing Managers’ Index)」と「ISM非製造業指数(NMI:Non-Manufacturing Index)」の2種類からなります。

  • ISM製造業指数:毎月第1営業日(NY時間午前10時、夏時間:日本時間午後11時、冬時間:日本時間午前0時)公表
  • ISM非製造業指数:毎月第3営業日(公表時間は製造業指数と同じ)公表

月次の景気動向指標の中でもっとも早く公表されるもので、景気先行指標として注目されています。1931年から算出されており歴史が長く、以前はNAPM指数と呼ばれていました。

HP_ISM
ISM(全米供給管理協会)HP

ISM指数の作成にあたっては、製造業・非製造業の企業の仕入・購買部門によるアンケート結果を集計します。新規受注・生産・雇用・入荷遅延・在庫の調査項目に対して、1ヶ月前と比較して「良い」、「同じ」、「悪い」の3つの選択肢から選択する形式をとります。日本の日銀短観と類似する統計ですが、日銀短観がゼロを分岐点として、+(プラス)、-(マイナス)で表すのに対して、ISM製造業景気指数は、パーセンテージで表し、一般に50%を上回ると景気拡大、50%を下回ると景気後退を示唆すると言われています。
★なお日銀短観は、3ヶ月ごとに公表されます。

米国の製造業の景況感を示す経済指標には、ISM製造業指数の他に、フィラデルフィア連銀製造業景気指数、ニューヨーク連銀製造業景気指数などがあります。
米経済の構造上、サービス産業の比重が増しており、非製造業指数の指標の重要性も増しています。

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】


【下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、英FT100、独DAX30、ユーロ50
GMOクリック証券CFDGMOクリック証券
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
商品:20倍、株式CFD:5倍
手数料無料
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、上海A50、インドNifty、英FT100、独DAX30、ユーロ50、香港H
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました