IG証券
ETFの紹介 コラム

「イコールウェイト型S&P500」のETF(RSP)を、通常のS&P500のETF(VOO)と比較してみよう

イコールウェイト型S&P500とは?

「S&P500指数は、時価総額加重平均型の株価指数で、500銘柄のうち上位5銘柄(GAFAM)だけで約半分のウエイトを占めている」ことはよく知られていますね。S&P500指数に連動するETFは、VOOとかSPYとかIVVですね。

これとば別に、「イコールウェイト型S&P500」といって、S&P500を構成する500銘柄を、均等のウエイトにした指数で運用する「RSP」というETFがあります。

RSP:Invesco S&P 500 Equal Weight ETF
運用会社:インベスコ

VOOとRSPの短期パフォーマンスを比較

2021年4月以降の直近3カ月で、VOO(オレンジ)とRSP(青)のパフォーマンスを比較してみます。
(なお、VOOの手数料は0.03%、RSPの手数料は0.2%です。)

上のチャートを見ると、VOOが強い時期があったり、RSPが強い時期があったりしますね。足元はVOOの方が強いです。

「VOOがRSPより強い」ということは、

  • 「時価総額の大きい大型株の方が、大型でない株より買われている」または
  • 「GAFAMが、それ以外より買われている」または
  • 「割高な銘柄が、割安な銘柄より買われている」

ということですね。

目次に戻る

「VOO/RSP比率」を長期で眺めてみる

次に、VOOをRSPで割った「VOO/RSP比率」(勝手に名付けました)を長期チャートにしてみると、以下のようになります。

VOO/RSP比率は、2016年終盤(トランプ氏が勝利した大統領選の頃)を基点に長期上昇トレンドが始まり、昨年のパンデミックショックでさらに急上昇、しかし昨年の秋ごろから一転して急低下、今年5月と6月に「ダブルボトム」のような形状をつくって、反転上昇のチャート形状になっています。

興味深いのは、この比率が今年下げ止まった水準は、歴史的な節目(青い水平線)である、という点です。

S&P500指数構成銘柄の中で、時価総額の大きい大型株(≒GAFAM、≒割高株)の相対的な強さには、長期のトレンドがあることがわかります。長期投資にとって、有効な示唆を与えていると思います。

RSPはもちろん単独のETFとして運用対象になりえますが、VOOと比較をすることで、より有効に使えると思います。

以上ご参考になれば幸いです。

目次に戻る

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました