IG証券
コラム

米国株の取引時間と、「プレ・マーケット」「アフター・マーケット」で注意すべきこと

米国株の取引時間

NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NASDAQ(ナスダック証券取引所)などの取引時間(立会時間)は、下記の通りです。

立会時間は米国東部時間で9時30分~16時まで

日本時間では23時30分~翌6時まで(※米国東部夏時間の間は、日本時間22時30分~翌5時まで)
※米国東部夏時間は、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までです。

また、立会時間の他に、「プレ・マーケット」「アフター・マーケット」とよばれる時間外取引があります。
時間外取引は、ブローカー同士の私設市場である電子証券取引ネットワーク(ECN:Electronic Communications Networks)によって取引を行うものです。

プレ・マーケットは、8時~9時30分まで
アフター・マーケットは、16時~20時まで

目次に戻る

米国株の立会時間、プレ・マーケット、アフター・マーケットの時差比較表

プレ・マーケット(黄色)、立会時間(緑色)、アフター・マーケット(水色)、東証(青)

グリニッジ標準時
(GMT)
日本時間
(GMT+9)
米国東部標準時間
(GMT-5)
米国東部夏時間
(GMT-4)
122178
1322899:30
142399:3010
1501011
1611112
1721213
1831314
1941415
2051516
2161617
2271718
2381819
091920
1102021
21111:302122
31212:302223
413230
51401
61512
71623
81734
91845
101956
112067

米国の株式市場には、日本市場のようなお昼休みはありません。世界の株式市場で、お昼休みがある(前場と後場に分かれている)のは、日本と中国くらいです。
なお東証では「昼休み廃止説」があるようですが、メリットもあるので、賛否両論のようですね。

目次に戻る

「プレ・マーケット」「アフター・マーケット」で注意すべきこと

米国株を取り扱っている日系の証券会社の中では、上記の時間外取引(プレ・マーケット、アフター・マーケット)での取引が可能であることを売りにしているところがあります。

立会時間外に大きく株価が動く場合があるので、利益を狙うチャンスが広がる、といった触れ込みになっていますね。

ただし、注意すべきことは:
プレ・マーケット、アフター・マーケットでは流動性が落ちる、という点です。
  • 時間外取引では流動性が落ちるために、ニュース等で株価が大きく変動することがあり、また買値と売値の間のスプレッドが広くなる可能性があります。
  • また、通常の立会時間になって流動性が戻ってくると、時間外の動きを打ち消して「往って来い」のかたちになることもあります。
  • また、午後4時からのアフター・マーケットで、ニュース等によって取引が急増しても、通常午後6時頃までには取引が大幅に減少することにも注意が必要です。

また、時間外で注文を出す場合は、必ず指値注文(成行注文ではなく)にすべきです。(米国株を取り扱う日系の証券会社は、時間外取引は指値注文しかできないようになっているはずですが、一応念のため。)

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る

 

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました