IG証券
コラム

2021年は「グローバル投資戦略」で世界の様々な投資対象に目をむけよう

2020年は成長株が好調だったが、2021年は・・・

昨年2020年は、ナスダック100指数やARKKのETFなど、米国の成長株がきわめてアウトパフォームしました。経済回復にはほど遠い中での過剰流動性相場、低金利、巣ごもり需要など、ITセクターの成長株にはとてもよい環境が続きました。

しかし今年2021年、ワクチンが普及しつつある足もとでは、各国の長期金利が急上昇、商品市場が総じて上昇、実体経済の急回復を先取りした動きになっています。金利上昇によるバリュエーション低下と景気循環株への資金シフトにより、買われすぎのITセクターの成長株は、総じて売り圧力に押されています。

米国の成長株だけ買っておけば利益が出た昨年とくらべて、今年は、グローバルに適切な投資対象を選ぶ戦略がより重要となってくると思います。

ヘッジファンドの戦略に「グローバルマクロ(世界中の国や地域のマクロ経済見通しなどを把握したうえで、各国の株式、債券、通貨などに売買のポジションをとる戦略)」というものがありますね。個人投資家はヘッジファンドと同じことは無理であっても、同様に世界経済に目を向けて投資対象を選ぶことが今年は重要だと思います。

著名ファンド・マネージャー江守氏の投資戦略

住友商事出身の著名なファンド・マネージャーである江守哲氏は、ご自身の投資戦略について、以下のように説明されています。

常にポジション量は他銘柄と同じにして、リスクを分散することが重要である。株式ポジションだけ多くしないことである。短期トレードでは機械的にトレンドについていく「トレンドフォロー戦略」がよい。投資判断の再現性を担保しながら、損切りも入れながら利益を積み上げることを考える。そして、リスクを分散することである。

そのためには、トレードする銘柄も分散することである。為替とコモディティのトレードは「必須」である。私は米国株価指数、日経平均先物およびオプション、主要通貨、金、銀、原油、天然ガス、コーン、大豆、ココア、綿花、砂糖など、かなり幅広くトレードしている。

グローバルマクロ戦略を遂行するためには、モメンタム投資やトレンド戦略は必須である。短期トレードはできるだけ銘柄を分散し、値動きの異なるものをトレードしたほうがリスクは小さい。できれば資産の4%程度を一つのポジション(銘柄)に投資し、その銘柄のポジションの損失を資産の最大2%程度までに限定し、ストップを入れながら対処することである。そうすれば、資産が大きく減少することはなく、トレンドが伸びていく銘柄だけを保有し、利を伸ばすことができる。

グローバル投資戦略の口座としておすすめは、「IG証券」

日本株や米国株の個人投資家の多くの方は、日系の大手証券会社を使っているケースが多いと思います。そこで、上記の「グローバルに適切な投資対象を選ぶ戦略」のために、今年は、多様な金融商品を選べる証券会社を、サブ口座でもっておいたほうが良いと思います。

そこでおすすめは、「IG証券」です。相場環境に応じて、以下のように様々な投資対象をワンストップで選ぶことができます。

サブ口座としてぜひ検討してみてください。詳細は以下からすすめます↓


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました