IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 XPEV:XPeng Inc.(シャオペン)

中国広州に本社を置くシャオペン(小鵬汽車)は、2014年創業のEVメーカーで、2020年8月にNYSEに上場したばかりです。同社CEOであるHe Xiaopeng氏は、2004年にモバイル向けのWebブラウザ「UCWev」を創業してその後アリババに売却、シャオペン上場時には42歳でした。シャオペンはアリババやシャオミの支援を受けています。
同社は、テスラのライバルとして、同じ中国のEVメーカーNIO(ニーオ)とよく比較されます。参考になる比較動画をリンクしておきます。(シャオペンについては、12分30秒あたりからご覧ください。)
https://www.youtube.com/embed/0sI2BHMYFyQ

ニーオはラグジュアリー市場にフォーカスしているのに対して、シャオペンはより広範な市場拡大と生産数量の増加、デジタル技術との融合に軸足を置いています。

 



業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年10月16日


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました