IG証券
個別銘柄の紹介 コラム

ARKはなぜ「ROKU(ロク)」を破壊的プラットフォーマーと見ているのか?


はじめに

ARK Investの基幹ETF「ARKK」の中で、Roku(以下ロク)は、テスラ、スクエア、テラドックに続く第4位で、5.99%のウエイトを占めています(2021年4月14日時点)。破壊的イノベーションに投資するARK Investは、なぜロクを高評価しているのでしょうか?
米国株「ARK Invest」特集(3)ARKの基幹ETF「ARKK」全構成銘柄リスト・順位変動(毎週更新)
はじめに 1回目の記事で、ARK Investの運用するアクティブ型のETFの一覧を紹介しました。 ARKK:Innovation ETF ARKQ:Autonomous Technology & Robotics ETF...

ARKKの上位銘柄であるテスラ、スクエア、テラドック、ロクは、それぞれ分野は違いますが、市場を激変させる破壊的な「プラットフォーマー」である点で共通しています。今回の記事では、ロクが驚異的な成長を続けるプラットフォーマーであることを見ていきたいと思います。

TVストリーミングの世界市場の動向

まず、TVストリーミング市場の世界的動向を、地域別、デバイス別、プラットフォーム別などでくわしくまとめているレポートを紹介します。

Conviva
https://www.conviva.com/state-of-streaming/
画像元:上記Webの「RPT_Conviva_SoS_Q4_2020.pdf」
(クリックで拡大できます。)

ロクは、プラットフォーム別でみると、2位以下のアマゾン、サムスン、プレステを大きく引き離して、第1位のシェアを占めています。

目次に戻る

ロクのビジネスモデル

ロクは、 ストリーミング視聴用のシンプルな端末「Roku Player」を25ドル~という廉価で販売、簡単なインタフェースでネットフリックスやディズニー+、アマゾンプライム、ユーチューブ、ディスカバリーなどの動画ストリーミングサービスを簡単に利用することができます。アクティブ・アカウント数は、2020年末で5,120万(対前年比で1,430万増加)と急増しています。ロクは、この端末を安く薄利で販売することで、アクティブアカウントを増やし、その後のプラットフォーム収益(広告収入等)を成長させており、プラットフォーム収益は、全収益の約71%を占めています(2020年度)。

Roku Player

視聴可能なコンテンツの例(一部)

また、「Roku TV」と呼ぶ一体型テレビのサービスでは、以下のようにTCLやHITACHIなどのTVメーカーと提携しており、これらのTVには初めからロクのストリーミング機能が内蔵されています。外部接続設定の手間がないために幅広いユーザーに好まれています。

世界第1位のTVストリーミングプラットフォームに成長しているロクのビジネスモデルは、将来的にすべてのテレビがストリーミングされると予想されている中で、「視聴者、コンテンツの作り手、および広告主による『TVエコシステム』のプラットフォーマーとして、すべての参加者に利益をもたらす好循環を作り出すこと」にあります。
ロクの戦略のポイントは、簡単なユーザーインターフェース、幅広いコンテンツの選択、そして大きな価値を通じて、消費者に優れたストリーミング体験を提供することです。 ユーザーベースの規模を拡大し、ユーザーのエンゲージメントを高め、プラットフォームでのアクティビティを収益化して、プラットフォームに再投資できる好循環を生み出しています。

ロクの2020年12月期の業績

2020年は、パンデミックの巣ごもり需要も相まって、以下のように驚異的に成長しています。
Rokuの米国のアクティブ・アカウントは、2020年末時点で、ケーブル会社最大手の加入者の2倍以上になっています。

情報元:ROKU社のIRサイト
Q4 2020 Shareholder Letter

総収益(総売上高):17億7,800万ドル(前年比58%増)
プラットフォーム収益:12億6,800万ドル(前年比71%増)
売上総利益:8億800万ドル(前年比63%増)
アクティブ・アカウント数:5,120万(2020年度に1,430万増加)
ストリーミング時間:過去最高の587億時間(前年比209億時間増加)
ARPU(ユーザーあたりの平均収益):28.76ドル(12か月ベース)(前年比5.62ドル増加)
米国で販売されたすべてのスマートTVの38%がRokuTVモデル(2020年)


(チャート画像元:ROKU社、Q4 2020 Shareholder Letter)

ロクが破壊的プラットフォーマーである一つのポイントは、グローバルに成長している点です。TVストリーミングは世界的な現象であり、すでにロクは米国内市場を超えて事業展開しています。2020年、Roku TVはカナダで最も売れたスマートTVOSでありRokuの市場シェアは31%、ブラジルやメキシコでも、事業規模とエンゲージメントの拡大が引き続き順調に進んでいます。また英国では、プレミアリーグを配信するチャンネルを提供、アイルランドでは、国内最大の放送局と契約を結んでいます。

なお例年、第1四半期は、季節的に収益が下がり、最も軟調な四半期となります(季節的に強い第4四半期よりも約25%低下します)。ただし堅調な成長が見込まれ、2021年の第1四半期の見通しは、4億8,500万ドル(前年比51%増)の収益を見込んでいます。

2020年は、パンデミックの混乱がTVストリーミングへの根本的な移行の触媒として機能して、今後の同社の国際展開にとって重要な年になったと考えます。
以上、ご参考になれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました