IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データの最終更新日は、2022年8月07日です。
個別銘柄の業績・株価比較チャート(米国株.com式)の最終更新日は、2022年8月06日です。
ETFの紹介 コラム

「BLOK」に続くビットコイン関連ETF「DAPP」が米国上場


ビットコイン関連の新ETF「DAPP」

一方で、ビットコイン関連の企業(仮想通貨マイニング業者、マイニング用ASICマシン開発業者、仮想通貨取引所、資産運用会社など)に投資するETFとしては、「BLOK:Amplify Transformational Data Sharing ETF」が2018年1月16日に上場しています。
ブロックチェーン関連のETF「BLOK」全銘柄一覧(毎週更新)
ブロックチェーン関連のETF「BLOK」とは? ブロックチェーン関連銘柄に投資するETF「BLOK」は、投資テーマ別のアクティブ運用ETFを複数運用しているAmplifyのETFです。 ブロックチェーンの技術関連だけでなく、ブロ...

このたび2021年4月14日、「BLOK」に続くビットコイン関連ETFとして、VanEckの「DAPP」がローンチしたので、ご紹介したいと思います。

BLOKはアクティブ運用ですが、DAPPは「MVIS Global Digital Assets Equity Index 」という独自の指数を追跡して運用されるETFです。銘柄数は、BLOKが54銘柄であるのに対して、DAPPは、25銘柄と少なめです。
ただし銘柄の構成としては、かなり似ていると思います。


DAPP:VanEck Vectors Digital Transformation ETF


運用会社:Vaneck
Yahoo Finance

経費率:0.65%
開始日:

保有銘柄一覧(基準日:2021年4月13日)

順位銘柄名ティッカーウエイト
1Galaxy Digital Holdings LtdGLXY.TO9.47
2Square IncSQ8.6
3Marathon Digital Holdings IncMARA7.73
4Silvergate Capital CorpSI7.28
5Riot Blockchain IncRIOT6.54
6Voyager Digital LtdVYGR.CN5.96
7Microstrategy IncMSTR5.45
8Nvidia CorpNVDA5.07
9Northern Data AgNB2.DE4.77
10Paypal Holdings IncPYPL4.55
11Taiwan Semiconductor Manufacturing Co LTSM4.27
12Hive Blockchain Technologies LtdHIVE.V4.02
13Canaan IncCAN3.72
14Argo Blockchain PlcARB.L3
15Ebang International Holdings IncEBON2.92
16Bit Digital IncBTBT2.79
17Hut 8 Mining CorpHUT.TO2.54
18Bigg Digital Assets IncBIGG.CN2.25
19Bitfarms Ltd/CanadaBITF.V2.18
20Diginex LtdEQOS1.78
21Bc Technology Group Ltd0863.HK1.56
22Huobi Technology Holdings Ltd1611.HK1.34
23Future Fintech Group IncFTFT0.9
24Dmg Blockchain Solutions IncDMGI.V0.85
25Bitcoin Group SeADE.DE0.46
26Other/Cash---0.01

なお、このDAPPもBLOKも共に、ファンドの名前に「ビットコイン」、「クリプト」、「ブロックチェーン」、「デジタル通貨」などの言葉が使用されていません。 これについてVanEckは、当初「デジタル資産」という言葉を使用してファンドを申請しましたが、SECの承認を得るために「デジタルトランスフォーメーション」に変更する必要があったようです。SECは、ますます人気が高まっているビットコインはじめ仮想通貨に対して依然として慎重姿勢であるためと考えられます(情報元:バロンズ)。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました