IG証券
コラム

米国株「半導体関連銘柄」特集(1)事業別の関連銘柄リスト

はじめに

このシリーズ記事では、米国株の半導体関連銘柄をまとめていきたいと思います。

米国株に初めて投資される方は、半導体に関連する銘柄がとても多いので最初はわかりずらいと思います。
まずは、たくさんの銘柄を事業別に、「半導体メーカー」「ファウンドリ(製造受託)」「半導体製造装置メーカー」の3つに分類することで、全体がみえてきます。

事業別の半導体関連銘柄リスト

アナログ半導体や半導体製造装置メーカーの中に、一般にあまり有名でない会社がありますが、すべて大手企業です。優良な会社ばかりですので、じっくり企業内容をみてください。

 

事業内容
(大区分)
事業内容
(小区分)
社名(ティッカー)米国株.com
記事
半導体メーカーPC、サーバー向けCPUインテル(INTC)米国株.com
AMD(AMD)※米国株.com
GPUNVIDIA(NVDA)米国株.com
スマホ・通信用半導体アップル(AAPL)米国株.com
クアルコム(QCOM)米国株.com
ブロードコム(AVGO)米国株.com
FPGAザイリンクス(XLNX)※米国株.com
メモリ(DRAM, NAND)マイクロン・テクノロジ(MU)米国株.com
アナログ半導体テキサス・インスツルメント(TXN)米国株.com
アナログ・デバイセズ(ADI)※米国株.com
スカイワークス(SWKS)米国株.com
NXP(NXPI)米国株.com
マキシム(MXIM)※米国株.com
ファウンドリ製造受託TSMC(TSM)米国株.com
半導体製造装置CVD、スパッタ、CMP工程アプライドマテリアルズ(AMAT)米国株.com
露光工程ASML(ASML)米国株.com
エッチング工程ラムリサーチ(LRCX)米国株.com
検査測定工程KLAテンコール(KLAC)米国株.com

上表は、米国企業に加えて、米国に上場している台湾およびオランダの企業を含んでいます。

※2020年10月、AMDは、ザイリンクス(FPGA大手、ナスダック100の69位)を株式交換により(半導体業界で過去最大級の取引となる)350億ドル相当で買収することで合意しました。買収は株主および中国を含む各国規制当局による承認が必要で、AMDは2021年末の買収完了を目指しています。

※2020年7月、アナログ・デバイセズは、同業のマキシム・インテグレイテッド(MXIM、ナスダック100の90位)を買収すると発表しました。報道によると買収額は約209億ドル、買収完了は2021年夏を予定しており、今後、米国や米国以外の規制当局や両社株主の承認などを得ていく予定です。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました