IG証券
コラム

日本の半導体産業は「戦後の焼け野原」


当サイトの半導体関連特集で度々引用させて頂いている、微細加工研究所の湯之上隆氏の新しい記事を紹介させていただきます。

日本の半導体ブームは“偽物”、本気の再生には学校教育の改革が必要だ
(出所:EE Times Japan、2021年6月22日)

日本半導体産業を再生させたいのなら、不都合な真実である「戦後の焼け野原のような状況」を直視し、小中高の教育改革を行うことから着手する必要があることを指摘する。日本には、もはや優秀な半導体技術者がいない。その技術者を育てなければ、再生はあり得ないのである。従って、真の改革には20~30年の歳月を要する覚悟が、政治家、関係省庁、そして日本半導体産業の関係者には必要であるという結論を導く。

長い記事ですが、一気に読める熱い記事ですね。
日本政府・経産省の輸出規制の下りとか、「なぜ国家プロジェクトやコンソーシアムは失敗したのか」の下りとか、非常に生々しい内容です。

コンソーシアムというのは「共通の目的」を持って運営されるはずなんですが、日本ではうまく行かないことが多いように思います。事務局が機能しないからでしょうか?なぜでしょうか?

なお、「日本の半導体産業は戦後の焼け野原」という表現は、主戦場の「ロジック半導体」の分野を指していて、半導体素材や半導体製造装置の分野は、日本企業も奮闘していますね。(一応フォローしておきます)

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました