webmaster

コラム

ビットコインが正念場か

下のチャートは、ビットコイン(ドル建て)の4時間足チャートです。 コインベースの上場(14日:赤い垂直線)で明らかに潮目が変わっていますね。 先週末の急落は、コインベース上場の達成感、トルコが暗号資産の決済利用を禁止、米財務省がデジ...
市況・相場分析

相場分析 2021-04-23(キャピタルゲイン課税最高税率引上げ提案の報道で一気にリスクオフ。テック株も総じて下落。AT&T、HBOマックス好調で△4.1%。ユーアイパス、ARKが組入れで△9.4%急騰)

昨日のグローバル市場 米国市場のまとめ 【概況】 株価指数:ダウ平均: 33,815.90 (▼321.41, ▼0.94%) 株価指数:S&P500: 4,134.98 (▼38.44, ▼0.92%) 株価指数:ナスダ...
コラム

半導体業界を根本から変えた台湾TSMCの創業者「モリス・チャン氏」

絶好調の台湾TSMC 世界最大の半導体ファウンドリである台湾TSMCは、先日の決算発表で; 2021年の設備投資額を再度引き上げて、300億米ドルに増額 今後3年間で約1000億米ドルを投資、最先端技術の生産能力や研究...
市況・相場分析

相場分析 2021-04-22(主要指数は終盤に買い戻しで反発。ネットフリックス急落▼7.4%。主要テック株は概ねプラス引け。インテュイティブ・サージカル好決算で△9.9%)

昨日のグローバル市場 米国市場のまとめ 【概況】 株価指数:ダウ平均: 34,137.31 (△316.01, △0.93%) 株価指数:S&P500: 4,173.42 (△38.48, △0.93%) 株価指数:ナスダ...
コラム

米国株と日本株の「セクター分類(業種分類)」の違い

米国株のセクター分類(業種分類) 米国株のセクター分類基準で最も主要なものは、「Global Industry Classification Standard(GICS:世界産業分類基準)」です。Yahoo Finance、S&amp...
市況・相場分析

相場分析 2021-04-21(世界的感染再拡大のリスクオフで主要指数続落。テック株もテスラ・決算待ちのフェイスブック以外は総じて下落。米債利回り1.56%に下落。ビットコインは55,000ドル近辺のレンジ)

相場の概況 【昨日の米国市場の概況】 株価指数:ダウ平均: 33,821.30 (▼256.33, ▼0.75%) 株価指数:S&P500: 4,134.94 (▼28.32, ▼0.68%) 株価指数:ナスダック総合: 1...
コラム

米国企業のPBR(株価純資産倍率)は、なぜ日本企業より高いのか?

上場企業のPBRは、日米で3倍以上の開きがある 米国の上場企業と日本の上場企業の大きな相違点の一つとして、「PBR(株価純資産倍率)」があります。 米国上場企業と日本上場企業のPBRとPERを比較すると、以下のような状況です(2...
市況・相場分析

相場分析 2021-04-20(テック株中心の戻り売りで主要指数反落。エヌビディア、ARM買収に英国政府介入で▼3.46%。テスラ社事故。ペロトン新製品、使用中止勧告で急落)

相場の概況 【昨日の米国市場の概況】 株価指数:ダウ平均: 34,077.63 (▼123.04, ▼0.36%) 株価指数:S&P500: 4,163.26 (▼22.21, ▼0.53%) 株価指数:ナスダック総合: 1...
コラム

米国株・CFD取引入門ガイド

CFD取引とは? CFD(Contract for Difference)取引とは、日本語では「差金決済取引」で、取引開始時点から取引終了時点に発生した「差額分」を決済する取引を意味します。 CFDは、金融派生商品(デリバティブ)で...
コラム

S&P500は、なぜ500銘柄ではなく、それより多いのか?(種類株式とは)

S&P500は、なぜ500銘柄ではない? 米国の代表的な株価指数の一つである「S&P500株価指数」の構成銘柄は、(2021年4月19日時点)全部で505銘柄あります。なぜ500銘柄ではなく、505銘柄あるのでしょうか? ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました