IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

TradingViewのブラックフライデー・セールがスタートしました(40~60%オフ)

はじめに

TradingViewの2022年のブラックフライデー・セールが、2022年11月21日にスタートしました。

2022年11月21日(月曜)スタート、5日間

(5日間に申し込みできなかった場合も、その後数日間は「サイバーマンデーセール」で同様の割引があります。これにも申し込みできないと、来年まで1年待つ必要があります。)


TradingViewの購入は、毎年1回のブラックフライデー・セールでの年契約が断然オススメ(40~60%オフ)

TradingViewは、毎年1回、「ブラックフライデー・セール」として、サービス利用料を大幅にディスカウントする期間を設定しています。

TradingViewを安く長く利用するには、毎年1回のブラックフライデー・セールでの年契約が断然有利でオススメです。私も毎年このセールを利用して、「Pro+プラン(通常は年間359ドルを、179ドルに50%割引)」を更新しています。TradingViewを毎日のトレードやチャート分析に利用している方は、ぜひこのブラックフライデー・セールの利用をご検討してみてください。

なおディスカウントだけでなく、1カ月分の無料特典が付くのですが、この特典は毎年ブラックフライデー・セールで(期限がまだ来ていなくても)有効な特典なので、使用期限が毎年1カ月ずつ伸びることになります。

現在TradingViewを利用中で、まだ利用期間が残っている場合も申し込みOK!

現在TradingViewを利用中で、まだ利用期間が残っている場合も、申し込みができます(現在のプランの残り期間が、新しいプランに追加されて延長されます。アップグレードやダウングレードにも対応しています。)

 

ブラックフライデー・セールのお申し込みは、下のバナーをクリック↓

TradingViewには4つのプランがあります

TradingViewは、無料のBasicプラン、有料のProプランPro+プランPrmiumプランの4つに分かれています。

Basicプラン
(無料)
Proプラン
(有料)
Pro+プラン
(有料)
Premiumプラン
(有料)
チャート毎に3個のインジケーター
1つのレイアウトに1個のチャート
1個のアラート
広告有り
1個のチャートレイアウトの保存
チャート毎に5個のインジケーター
1つのレイアウトに2個のチャート
20個のアラート
広告なし
5個のチャートレイアウトの保存
出来高プロファイルインジケーター
カスタム時間足
チャート毎に10個のインジケーター
1つのレイアウトに4個のチャート
100個のアラート
広告なし
10個のチャートレイアウトの保存
出来高プロファイルインジケーター
カスタム時間足
チャートデータのエクスポート
チャート毎に25個のインジケーター
1つのレイアウトに8個のチャート
400個のアラート
広告なし
無制限のチャートレイアウトの保存
秒足
出来高プロファイルインジケーター
カスタム時間足
チャートデータのエクスポート
無料通常料金:$179.4/年通常料金:$359.4/年通常料金:$719.4/年
 ブラックフライデー・セール:
$108/13カ月
ブラックフライデー・セール:
$179/13カ月
ブラックフライデー・セール:
$288/13カ月

4つのプランの機能の違いの詳細は、こちらをご覧ください(こちらをクリック)。

Basicプランは、広告表示有り、チャート数上限1、チャートレイアウト保存上限1個、インジケータ表示上限3個などの制限があるので、まずはProプランを選ぶ方が多いと思います。私は長年Pro+プランを使っています。
ぜひご検討してみてください。

ブラックフライデー・セールのお申し込みは、下のバナーをクリック↓

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました