IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

「セクター別+カバードコール戦略+キャピタルゲインも追及」のETFが登場(TYLG/FYLG/HYLG)

はじめに

最近カバードコール戦略の記事が多くなっていますが、今回はグローバルXがローンチしたばかりの、興味深いカバードコール戦略のETF(TYLG、FYLG、HYLG)を紹介したいと思います。

「セクター別・カバードコール・キャピタルゲインも追及」のETFが登場

グローバルXは、2022年11月21日、セクター別+カバードコール戦略+(インカムゲインだけでなく)キャピタルゲインも追及する、というETFを3本ローンチしました。

Introducing the Global X Sector Covered Call & Growth ETFs

 

ティッカーTYLGFYLGHYLG
ETF名称Information Technology Covered Call & Growth ETFFinancials Covered Call & Growth ETFHealth Care Covered Call & Growth ETF
運用会社GlobalXGlobalXGlobalX
開始日2022-11-212022-11-212022-11-21
経費率0.6%0.6%0.6%
銘柄数656965
分配頻度月次月次月次
運用方針ポートフォリオ価値の約 50%に相当するTechnology Select Sector SPDR Fund(XLK)のコールオプションの売りによるカバードコール戦略
残り約50%は同ETFに含まれる個別株に投資
ポートフォリオ価値の約 50%に相当するFinancial Select Sector SPDR Fund(XLF)のコールオプションの売りによるカバードコール戦略
残り約50%は同ETFに含まれる個別株に投資
ポートフォリオ価値の約 50%に相当するHealth Care Select Sector SPDR Fund(XLV)のコールオプションの売りによるカバードコール戦略
残り約50%は同ETFに含まれる個別株に投資
上位保有銘柄XLK SPDR-TECH SEL S 56.12
AAPL APPLE INC 10.28
MSFT MICROSOFT CORP 9.65
NVDA NVIDIA CORP 2.11
V VISA INC-CLASS A SHARES 1.84
MA MASTERCARD INC – A 1.51
CSCO CISCO SYSTEMS INC 1.06
AVGO BROADCOM INC 1.05
ACN ACCENTURE PLC-CL A 0.93
TXN TEXAS INSTRUMENTS INC 0.85
XLF SPDR-FINL SELECT 56.43
BRK/B BERKSHIRE HATH-B 6.55
JPM JPMORGAN CHASE & CO 4.58
BAC BANK OF AMERICA CORP 3.04
WFC WELLS FARGO & CO 2.07
GS GOLDMAN SACHS GROUP INC 1.53
SCHW SCHWAB (CHARLES) CORP 1.43
SPGI S&P GLOBAL INC 1.41
MS MORGAN STANLEY 1.4
BLK BLACKROCK INC 1.17
XLV HEALTH CARE SELECT SECTOR 55.96
UNH UNITEDHEALTH GROUP INC 4.36
JNJ JOHNSON & JOHNSON 4.14
LLY ELI LILLY & CO 2.58
ABBV ABBVIE INC 2.47
PFE PFIZER INC 2.43
MRK MERCK & CO. INC. 2.42
TMO THERMO FISHER 1.95
ABT ABBOTT LABORATORIES 1.62
DHR DANAHER CORP 1.56

これらのETFの特徴は、特定のセクターに限定していることに加えて、カバードコールの対象を約50%におさえることで、100%のカバードコール戦略では放棄することになるキャピタルゲインも追及するものです。

カバードコールの対象を約50%におさえる、という方針については、グローバルXはすでに、(ナスダック100の100%カバードコールである)QYLDや、(S&P500の100%カバードコールである)XYLDの派生型ETFとして、QYLGやXYLGというETFを運用しています。


データ元:GlobalX

まだローンチしたばかりですので、今後どのようなフォーマンスになるのか、要注目だと思いますね。
ちなみに、State Streetのセクター別ETFは、以下の通りです。

ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました