IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

カバードコール戦略を米国株で始めるとき、権利行使価格はどう決めるべきか?

はじめに

この記事は、オプション取引特集の一環で書いています。

カバードコール戦略とは、 「株価が一定以上上昇した場合の利益は限定されるものの、プレミアムを受け取ることによって株価が一定以下にとどまった場合にも運用収益の向上が期待できる。」もので、オプション取引を使った戦略のなかで最も基本的とされていますね。
配当株投資は、「オプション取引」を加えることで実質の利回りをアップできる
はじめに この記事は、前回の記事より始めたオプション取引特集の2回目です。 オプション取引の基本については、前回の記事をご参照ください。 別の記事で、 『配当株投資では、配当利回りだけに固執せずに、多少割高でも品質が高く...

しかし、いざカバードコール戦略を始めたいと思っても、権利行使価格の選び方、銘柄の選び方、オプション期限の選び方など、多くのポイントがでてきます。

この記事ではまず、カバードコール戦略を米国株で始めるときに、「権利行使価格はどう決めるべきか?」という重要なポイントについて、まとめておきたいと思います。

目次に戻る

権利行使価格の違いによって、カバードコールの損益はどうなるか?

権利行使価格の違い(現在の株価と権利行使価格の関係の違い)によって、カバードコールの損益はどう変わるか、実際の例によってみていきたいと思います。

下の表は、2022年11月11日引けの、アップルの株価とオプション(期限日:11月25日)の価格表です(「オプション・チェーン」とも呼ばれます)※取引時間中の各オプションの価格は、BidとAskの2つがあります。

2022年11月11日にアップル株を149.7ドルで100株取得して、さらに上表で赤丸をつけたコールオプションを1枚付けた3つのカバードコールのケースについて、比較します。

  • ケース1:権利行使価格145ドル(イン・ザ・マネー)
  • ケース2:権利行使価格150ドル(アット・ザ・マネー付近)
  • ケース3:権利行使価格155ドル(アウト・オブ・ザ・マネー)

イン・ザ・マネーのカバードコールがそのまま期限日(2022年11月25日)をむかえた場合は、自動的に権利行使され、持株が権利行使価格で売却されます。比較しやすくするために、期限日に権利行使されない場合(アウト・オブ・ザ・マネー)でも株式を同日に売却する、と仮定します。

実際は証券会社の手数料がかかります(インタラクティブ・ブローカーズ証券では、1取引あたり1ドル程度でとても安いです)が、このケース比較ではこの手数料は無視します。

この3つのケースについて、期限日の損益図は、以下の通りとなります。
ケース1が赤、ケース2が緑、ケース3が青です。参考として、単純に株式だけを11月11日に取得して11月25日に売却したケースを黒のラインで表示しています。

(クリックで拡大できます。)

  • イン・ザ・マネーのカバードコール(ケース1)は、保守的な戦略です。最大の利益が小さい一方で、株価下落による損失発生のリスクも小さくなります。(この例では、現在の株価149.7ドルのアップル株のカバードコールは、145ドルまでの下落では170ドルの利益で一定、そこからさらに損益分岐点の143.3ドルまでの下落なら、利益が減少していきますがプラスで残ります。)なお、そのままイン・ザ・マネーで期限をむかえた場合(その確率は、このコールオプションのデルタで分かリます)、ネットの損益は、オプション価格(=プレミアム)から当初の本源的価値を差し引いた時間価値の部分と等しくなります。時間価値はアット・ザ・マネー付近が最も大きくなるため、極端なイン・ザ・マネー(ファー・イン・ザ・マネー)では時間価値がゼロに近づき、カバードコールの意味がなくなってきます(利益ゼロの水平線に近づいていきます)。したがって、時間価値が適度にある水準の権利行使価格で、さらにBid/Askのスプレッドが広くない(流動性がある)銘柄を選ぶこと、またオプション期限日より前に決算発表がないこと、が重要です。
  • アウト・オブ・ザ・マネーのカバードコール(ケース3)は、アグレッシブな戦略です。最大の利益が大きい一方で、株価下落による損失発生のリスクも大きくなります。(この例では、現在の株価149.7ドルのアップル株は、148.3ドルまでの下落までしか、利益が残りません。)
  • 権利行使価格が同じ間隔で上昇しても(上のケースでは145、150、155)、損益分岐点の間隔は同じ上昇幅ではなく、アウト・オブ・ザ・マネーの度合いが高くなればなるほどその上昇幅が狭く(リスクが大きく)なります。
  • アウト・オブ・ザ・マネーのカバードコール(上のケース3)は、ファー・アウト・オブ・ザ・マネーになるほど、株式単独の損益(上図の黒いライン)に近づいていきます。(この場合、カバードコールにする意味があまり無い状態になります。言い換えると、カバードコール戦略では、どんな権利行使価格を選んでも常に現物単独よりは安全になる、と言えます。)
  • 損益分岐点は、常に現物株の取得単価(この場合149.7ドル)から、オプション価格(=プレミアム、上図の赤丸)を差し引いた値になります。
  • プレミアムを権利行使価格で割った値を「ダウンサイド・プロテクション」と呼びます。
【この記事の結論】
カバードコール戦略を始める時に、初心者にとって最も重要なことは、(今年2022年のような弱気相場のときは特に)「安全なイン・ザ・マネーの(現在の株価より低い)権利行使価格を選ぶべき。(ただし時間価値が適度にある水準であること、Bid/Askのスプレッドが狭く流動性が高い銘柄を選ぶこと、オプションの期限日より前に決算発表がない銘柄を選ぶこと)」という点であると考えます。
こうすることで、弱気相場・下落相場でも利益を積み上げていける可能性が高くなります。

なお、配当株のカバードコール戦略については、オプションの期限日より前に、配当の権利落ち日をむかえる特別の戦略があります(といっても米国では普通の戦略です)。これについては別の記事でまとめたいと思います。


相場動向や銘柄の選択などによって、最適な権利行使価格の候補は変わります。おすすめの書籍では、最もリターンの良い権利行使価格の検証データなどが記載されています。

ただし基本的には、カバードコール初心者はイン・ザ・マネーで始めたほうが良い、と考えます。

なお上のカバードコールの損益図では、平たい部分がイン・ザ・マネーで、斜めのラインの部分がアウト・オブ・ザ・マネーです。
オプションの損益図と逆なので、最初はややこしいかもしれません。
これは、コールオプション単独の損益ラインの斜めの部分(権利行使価格<現在の株価、イン・ザ・マネー)の部分が、カバードコール全体の損益図では水平なラインになるためです。

最初はややこしいかも知れませんが、すぐに慣れると思います。

なお、ご参考に、上の各ケースにおいて、期限日の株価の違いによる損益の内容の違いを記載しておきます。
イン・ザ・マネーのカバードコールの損益は、プレミアムの利益(プラス)と株式売却損(マイナス)の差引(ネット)になる点をおさえておくと良いと思います。

現在(カバードコール設定時)の株価:149.7

 ケース1
権利行使価格:145
イン・ザ・マネー
ケース2
権利行使価格:150
アット・ザ・マネー付近
ケース3
権利行使価格:155
アウト・オブ・ザ・マネー
権利行使価格

145

150155

プレミアム
=オプション価格

6.4
本源的価値:149.7-145
=4.7
時間価値:6.4-4.7
=1.7
3.36
本源的価値:ゼロ
時間価値:3.36
1.34
本源的価値:ゼロ
時間価値:1.34
デルタ0.5より大0.5付近0.5より小
期限日の株価:
160
権利行使あり
売却損益
(145-149.7)*100=-470
プレミアム
6.4*100=+640
ネット損益
+170
権利行使あり
売却損益
(150-149.7)*100=+30
プレミアム
3.36*100=+336
ネット損益
+366
権利行使あり
売却損益
(155-149.7)*100=+530
プレミアム
1.34*100=+134
ネット損益
+664
期限日の株価:
155
同上同上同上
期限日の株価:
150
同上同上権利行使無し
売却損益
(150-149.7)*100=+30
プレミアム
1.34*100=+134
ネット損益
+164
期限日の株価:
145
同上権利行使無し
売却損益
(145-149.7)*100=-470
プレミアム
3.36*100=+336
ネット損益
-134
権利行使なし
売却損益
(145-149.7)*100=-470
プレミアム
1.34*100=+134
ネット損益
-336
期限日の株価:
140
権利行使無し
売却損益
(140-149.7)*100=-970
プレミアム
6.4*100=+640
ネット損益
-330
権利行使無し
売却損益
(140-149.7)*100=-970
プレミアム
3.36*100=+336
ネット損益
-634
権利行使なし
売却損益
(140-149.7)*100=-970
プレミアム
1.34*100=+134
ネット損益
-836
損益分岐点149.7 – 6.4 = 143.3149.7 – 3.36 = 146.34149.7 – 1.34 = 148.36
ダウンサイド
プロテクション
6.4/145=4.41%3.36/150=2.24%1.34/155=0.86%

 

以上ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました