IG証券
コラム

米国株:ウォーレン・バフェット氏(バークシャー・ハサウェイ)特集 保有銘柄一覧(Form-13F:毎四半期更新)

はじめに

今回より、ウォーレン・バフェット 氏(バークシャー・ハサウェイ)の特集記事を書いていきたいと思います。

同氏が伝説の「賢人」と呼ばれる背景を、紐解いていきたいと思います。

第1回目は、バークシャー・ハサウェイの直近の保有銘柄のリストをまとめます。
データ元は、同社のSECファイリングの中の「FORM-13F」です。

FORM-13Fは、1億ドル以上を運用する機関投資家が四半期ごとにSECに提出するものです。ただし報告対象は、米国内の投資で、且つ買い(ロング)のみです。

バークシャー・ハサウェイの保有銘柄・および前回からの増減

2021年12月末の保有銘柄、および前回(2021年9月末)からの増減率
(時価総額単位:百万ドル)

銘柄時価総額(2021/12)構成割合時価総額(2021/09)構成割合株式数増減 (%)
APPLE INC157,52947.6125530.042.90.0
BANK AMER CORP44,93913.642879.014.60.0
AMERICAN EXPRESS CO24,8047.525399.08.70.0
COCA COLA CO23,6847.220988.07.20.0
KRAFT HEINZ CO11,6903.511990.04.10.0
MOODYS CORP9,6362.98760.03.00.0
VERIZON COMMUNICATIONS INC8,2532.58578.02.90.0
US BANCORP DEL7,1012.17514.02.60.0
CHEVRON CORP NEW4,4881.42912.01.033.2
BANK OF NEW YORK MELLON CORP4,2031.33751.01.30.0
DAVITA INC4,1061.24196.01.40.0
GENERAL MTRS CO3,5181.13163.01.10.0
LIBERTY MEDIA CORP DELAWARE3,3591.02752.00.912.9
VERISIGN INC3,2531.02627.00.90.0
KROGER CO2,7800.82498.00.9-0.6
CHARTER COMMUNICATIONS INC N2,4960.83056.01.0-8.9
SNOWFLAKE INC2,0750.61852.00.60.0
VISA INC1,7980.52130.00.7-13.2
AMAZON COM INC1,7780.51752.00.60.0
MASTERCARD INC1,4320.41491.00.5-7.0
AON PLC1,3210.41256.00.40.0
NU HLDGS LTD1,0050.30.00.0100.0
ACTIVISION BLIZZARD INC9750.30.00.0100.0
RH9740.31195.00.41.4
STORE CAP CORP8400.3782.00.30.0
T-MOBILE US INC6080.2670.00.20.0
GLOBE LIFE INC5950.2566.00.20.0
ABBVIE INC4110.11553.00.5-78.9
ROYALTY PHARMA PLC3450.1475.00.2-34.2
BRISTOL-MYERS SQUIBB CO3240.11305.00.4-76.4
STONECO LTD1800.1371.00.10.0
FLOOR & DECOR HLDGS INC1100.099.00.03.3
MARSH & MCLENNAN COS INC700.0415.00.1-85.2
JOHNSON & JOHNSON560.053.00.00.0
PROCTER & GAMBLE CO520.044.00.00.0
LIBERTY LATIN AMERICA LTD450.051.00.00.0
MONDELEZ INTL INC380.034.00.00.0
WELLS FARGO & CO NEW320.031.00.00.0
SPDR S&P 500 ETF TR190.017.00.00.0
VANGUARD INDEX FDS190.017.00.00.0
UNITED PARCEL SERVICE INC130.011.00.00.0

2021年12月末の主要な増減(対前四半期末)

  • 新規取得:アクティビジョン・ブリザード、ヌー・ホールディングス(Nubank)
  • 持分増加:シェブロン他
  • 持分減少:アッヴィ、ブリストル・マイヤーズスクイブ他

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました