IG証券

トップページ

新着記事

コラム
バークシャー・ハサウェイ 2022年1Qの保有株増減まとめ(FORM-13F分析)
バークシャー・ハサウェイ 2022年1Qの保有株リスト ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが、2022年5月16日、毎四半期の保有株リスト(フォーム 13F)をSECに提出・開示していますので、以下にまとめておきたいと...
コラム
ARKの基幹ETF「ARKK」が、異様な出来高急増でコロナ安値に到達。(このローソク足の形状は・・)
ARKK、出来高急増でコロナ安値まで下落 先週は、(「破壊的イノベーション」で有名なキャシー・ウッド氏率いる)ARKインベストの代表的なETF「ARKK」が出来高を伴って下落、2020年のコロナショックの最安値付近まで下落しました。 ...
コラム
長期金利はピークアウトしたのか?(もしそうなら成長株にも配当株にも朗報)
長期金利はピークアウトしたのか? 昨日の米国株市場は、週末を控えて買い戻し優勢で、特にハイテク株が強い動きでしたね。 さて、本日の記事は、「長期金利がいよいよピークアウトしたかも?」という話です。 下は...
コラム
今年の下落相場を的中させたモルガン・スタンレーが、(円安を根拠に)日本株を推奨。
昨年の暮れに、今年の下落相場を的中させたモルガン・スタンレー 昨日は、前日のCPIに続いて、4月PPI(米生産者物価指数)が発表されましたね。コアPPIが市場予想を下回り、インフレが3月にピークアウトした可能性を示して...
コラム
コインベースがもし倒産すると、(証券会社や銀行と違って)顧客は仮想通貨を失う可能性がある
コインベース株の下落がきつい 先日も別記事で書きましたが、株式市場に連動してビットコインをはじめとする仮想通貨が急落しています。 そうした中、コインベース株の下落がきつい状況となっています。 ローソク足がコインベースの日足、オレン...
コラム
「ベース効果」とは何でしょうか?(2022年の毎月のCPIをみる上でのポイントは?)
本日は注目の4月CPI 今晩は注目の4月米消費者物価指数(CPI)の発表がありますね。 悪材料ばかりで底打ちした感じがまだない米国株ですが、インフレの鈍化傾向が明らかになってくれば、市場のセンチメントは改善されるでし...
コラム
ビットコインが最重要の攻防ラインまで急落。現時点では「ゴールド2.0」になるには程遠い。
株式と連動して売られるビットコインは、「リスクアセット」 足元の米国株市場は、金利上昇、ウクライナ危機に加えて、中国のゼロコロナ政策による景気低迷懸念が増大、全面的なリスクオフ相場になっています。 ここで、米国株よりもさらに売られて...
コラム
イーロン・マスク氏は、日本の人口減少を(日本人よりも)心配している
日本に長期投資できない理由 貴方の大切な資産を長期投資する上で、各国の人口動態をおさえておくことはとても重要ですね。 以下の過去記事もご覧になっていただければと思います。 イーロン・マスク氏、日本の人口減少についてツイート ...
ETFの紹介
2022年の勝ち組ETFの一つ「ロング・ショート型ETF」に注目してみよう(下げ相場でも利益を出す戦略)
FOMC後の上昇後、「往ってこい」で下落した米国株 今週の米国株市場は、乱高下の相場でしたね。 水曜日(4日)は、FOMCが22年ぶりとなる0.5%の政策金利引き上げと量的引き締めの6月開始を決定、ただしこれ...
コラム
テスラ、上海に別の新工場を建設か?(ロイターに続いて、中国メディアが詳細報道)
テスラの新工場をめぐって、中国メディアが報道 テスラの新工場をめぐるリーク情報については、まずロイターが、2022年2月24日、テスラが上海に別の新工場を建設、という記事を出しました。(元記事はこちです) Exclusive: Tesl...

続きをみる >

 

人気記事ランキング

コラム
アルファベット(グーグル)のクラスA株(GOOGL)とクラスC株(GOOG)は、どちらを買うべきか?
コラム
NAAIM指数(NAAIMインデックス、NAAIM Exposure Index)で機関投資家のリスク選好度をおさえておこう
コラム
ARKの基幹ETF「ARKK」が、異様な出来高急増でコロナ安値に到達。(このローソク足の形状は・・)
コラム
米国株:実績PER・予想PER・PEGレシオ・PSR・PBRランキング(S&P500)【随時更新】
コラム
今年の下落相場を的中させたモルガン・スタンレーが、(円安を根拠に)日本株を推奨。
コラム
長期金利はピークアウトしたのか?(もしそうなら成長株にも配当株にも朗報)
ETFの紹介
米国株「ARK Invest」特集(3)ARKの基幹ETF「ARKK」全構成銘柄リスト・順位変動(毎週更新)
コラム
AT&T株主にとって、新規取得したWBD株は魅力的か?AT&Tのワーナーメディア事業のスピンオフ(ディスカバリーとの合併)が確定。
コラム
バークシャー・ハサウェイ 2022年1Qの保有株増減まとめ(FORM-13F分析)
コラム
ルーメン・テクノロジーズ(LUMN)の「配当利回り10%」は、魅力的なのか?何に注意するべきか?

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】


【下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、英FT100、独DAX30、ユーロ50
GMOクリック証券CFDGMOクリック証券
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
商品:20倍、株式CFD:5倍
手数料無料
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、上海A50、インドNifty、英FT100、独DAX30、ユーロ50、香港H
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました