IG証券
【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。

トップページ

新着記事

コラム
IT老舗の好配当企業の徹底比較:ヒューレット・パッカード(HPQ)vs シスコ(CSCO)
はじめに この特集では、同じセクター内の企業を、1対1で比較する記事を書いています。 1対1で比較することで、2つの銘柄の強みや弱みなどがより分かりやすくなると思います。 第2弾の記事は、ITセクターの老舗のキャッシュリッチな企業...
コラム
半導体ファブレス大手の徹底比較:エヌビディア(NVDA)vs クアルコム(QCOM)
はじめに 新たな特集として、同じセクター内の競合企業を、1対1で比較する記事を始めたいと思います。 1対1で比較することで、2つの銘柄の強みや弱みなどがより分かりやすくなると思います。 第1弾は、半導体セクターのファブレス大手の中...
コラム
米国のエネルギー企業24社徹底比較(注目はCEG/EQT/DVN/MRO/MPC/VLO)
はじめに 今回の記事では、米国の大手エネルギー企業の徹底比較ということで、S&P500指数の構成銘柄であるエネルギーセクターの企業24社を比較していきたいと思います。 XOM Exxon Mobil Corpora...
コラム
各銘柄のPERをみるときは、「各セクターのPERの傾向」をおさえないと意味が無い理由
はじめに 今回の記事では、「PER」という基本的な株式指標について、まとめておきたいと思います。 PERとは、ご存じの通りPrice Earnings Ratio(株価収益率)の略で、株価が1株当たり純利益(EPS:Earnings...
コラム
「セクター別+カバードコール戦略+キャピタルゲインも追及」のETFが登場(TYLG/FYLG/HYLG)
はじめに 最近カバードコール戦略の記事が多くなっていますが、今回はグローバルXがローンチしたばかりの、興味深いカバードコール戦略のETF(TYLG、FYLG、HYLG)を紹介したいと思います。 「セクター別・カバードコール・キャピタルゲ...
コラム
カバードコール戦略を米国株で始めるとき、「権利落ち日(Ex-dividend date)」がとても重要な理由
はじめに 以前の記事で、オプション取引を米国株ではじめる際の基本的な戦略として、「カバードコール戦略」や「現金確保プット売り戦略」を紹介しました。 この記事では、そのカバードコール戦略において、配当の「権利落ち日(Ex-divide...
コラム
米国の食品大手11社の徹底比較(KO/PEP/MDLZ/GIS/KHC/HSY/TSN/CAG/K/SJM/CPB)
はじめに 来年2023年は世界的なリセッションになるとの予測が多いですね。 そこで今回の記事では、(前回記事の製薬セクターとともに)不況に強いディフェンシブ株の代表格である食品セクターについて、米国の大手企業11社を徹底比較したいと思い...
コラム
TradingViewのブラックフライデー・セールがスタートしました(40~60%オフ)
はじめに TradingViewの2022年のブラックフライデー・セールが、2022年11月21日にスタートしました。 2022年11月21日(月曜)スタート、5日間 (5日間に申し込みできなかった場合も、その後数日間は「サイ...
コラム
米国の製薬大手9社の徹底比較(PFE/MRK/ABBV/JNJ/BMY/LLY/GILD/AMGN/MRNA)
はじめに 来年2023年は世界的なリセッションになるとの予測が多いですね。 そこで今回の記事では、不況に強いディフェンシブ株の代表格である製薬セクターの、米国の大手企業9社を徹底比較しておきたいと思います。 米国の製薬大手9社の概...
コラム
バフェット氏によるかはともかく、バークシャーはなぜ今TSMCなのか?TSMCの直近決算のカンファレンスコールを分析してみよう。
はじめに ウォーレンバフェット氏率いるバークシャーハサウェイが、四半期毎の最新ポートフォリオ開示(フォーム13F)において、台湾TSMC株の新規取得(約41億ドル、ポートフォリオ中での割合は1.4%)を開示したことは、既報の通りです。 ...

続きをみる >

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】


【下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、英FT100、独DAX30、ユーロ50
GMOクリック証券CFDGMOクリック証券
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
商品:20倍、株式CFD:5倍
手数料無料
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、上海A50、インドNifty、英FT100、独DAX30、ユーロ50、香港H
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました