IG証券
【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。

トップページ

新着記事

コラム
テスラの納車台数は343,830台(2022年3Q)。2Qからは急回復するも、市場予想を下回る
テスラの納車台数 343,830台(2022年3Q) 2022年10月02日、テスラは2022年3Qの生産台数・納車台数「Production & Delivery」を公表、市場予想を下回る結果でした。(データ元:テスラIRサイト...
コラム
2022年3Q終了。ナスダックのベストパフォーマンス、ワーストパフォーマンスは?
はじめに 早いもので、今年2022年も第3四半期が終わりましたね。 この四半期は終盤になって英国が相場の主役になりましたね。(新政権が財源手当てのない大型減税策 → 金利急騰 → 年金ファンドのマージンコール発生 → BOEが直前に...
コラム
ポルシェAGが上限価格で上場、ティッカーは「P911」(親のVWとさらにその親のポルシェSEは株価下落)
はじめに 2022年9月29日、ポルシェがフランクフルト証券取引所に上場しましたね。 IPO価格は82.5ユーロで、投資家に提示したレンジ(76.50-82.50ユーロ)の上限でスタートしました。 ティッカーは何と...
コラム
バフェット氏は、中国EV最大手「BYD」株をなぜ売却しているのか?
はじめに ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが、14年間にわたって長期保有した中国のEV最大手BYD(比亜迪)株を、立て続けに2回売却したことが報道されていますね。 先月下旬と今月2日に香港証券取引所にファイリングさ...
コラム
欧州の天然ガス価格の2大指標であるオランダ「TTF」と英国「NBP」は、なぜ乖離するのか?
はじめに 今週の木曜日9月8日に、ECBの政策金利発表がありますね。 今回のECBでは、利上げ幅が50ベーシスポイントになるのか、過去に一度もない75ベーシスポイントになるのかが、市場から注目されています。 そ...
コラム
ARKはなぜZoomを高く評価しているのか(2026年に1,500ドル?)
はじめに (破壊的イノベーションで有名なキャシー・ウッド氏率いる)ARK Investの基幹ETF「ARKK」の中で、組入れ第1位はテスラ、そして第2位はクラウド・ビデオ会議システムのZoom(Zoom communication:ZM)...
コラム
バークシャー・ハサウェイの決算は、当期利益よりも営業利益が重要な理由
バークシャー・ハサウェイが2022年Q2の決算を発表 2022年8月6日、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが、2022年第2四半期の決算を開示しています。 元データは同社WebのIR情報です。 バ...
コラム
アップルは、なぜ「社債発行による株主還元」を続けるのか?
アップルが55億ドルの新規社債を発行 「米国株の中で最高の銘柄は?」と聞かれると、貴方ならどう回答するでしょうか? おそらく、多くの投資家が「アップル(AAPL)」と答えると思います。私も同感です。 ア...
コラム
綿花CFD入門ガイド(衣食住の「衣」は、「食」よりも景気減速に敏感)
他の農産物CFDは衣食住の「食」、一方綿花CFDは衣食住の「衣」 今回の記事では、農産物CFDのうち、綿花(コットン)のCFDをとりあげたいと思います。 代表的な農産物CFDの対象であるコーン、小麦、大豆はすべて、人間や動物の「食」にか...
コラム
砂糖CFD入門ガイド(砂糖は比較的トレードしやすいコモディティ)
はじめに 今回の記事では、農産物CFDの中の「砂糖CFD」について、まとめておきたいと思います。 砂糖のCFDは、商品(コモディティ)CFDのなかではマイナーですが、比較的トレードしやすいので、ぜひおさえてお...

続きをみる >

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】


【下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、英FT100、独DAX30、ユーロ50
GMOクリック証券CFDGMOクリック証券
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
商品:20倍、株式CFD:5倍
手数料無料
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均、上海A50、インドNifty、英FT100、独DAX30、ユーロ50、香港H
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
ダウ平均、S&P500、ナスダック100、日経平均

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました