IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
ETFの紹介 コラム

ナスダック100連動ETF、「QQQ」と「QQQM」はどう違うの?

はじめに

QQQ」は、ナスダック100株価指数に連動する有名なETFですね。日本の投資家にも人気があります。
さて、この「QQQ」とは別に、「QQQM」というETFがあるのをご存じでしょうか?

QQQMは、QQQの廉価版で、手数料や単位当たり取引金額がQQQより安いETFです。

QQQMは、日本の大手ネット証券(SBI・楽天・マネックス)では取り扱いがまだ無いと思います。(間違っていたらすみません)
インタラクティブ・ブローカーズ証券等の米国の証券会社に口座がある方は、QQQMの購入が可能です。

目次に戻る

「QQQ」と「QQQM」の違い

下記は、「QQQ」と「QQQM」の比較表です。

 QQQQQQM
正式名称Invesco QQQInvesco NASDAQ 100 ETF
運用会社InvescoInvesco
開始日1999-03-102020-10-13
時価総額(2022-10-28)$155.2Bil$5.2Bil
手数料率0.20%0.15%
終値(2022-10-28)272.87115.68

以下は、QQQとQQQMの値動きを相対比較したものです。

青いエリアチャートがQQQ、赤いラインチャートがQQQMです。

わかりにくくてすみません。要は、両方ともナスダック100に連動するので、値動きはほぼ同じになります(1単位当たりの価格は異なります)。

QQQの開始は1999年で、時価総額は約1,500億ドルにのぼる巨大なETFです。
一方、QQQMがスタートしたのは最近の2020年です。時価総額も、QQQMはQQQよりはるかに小さいです。
両者の特に重要な違いは、QQQMの方が手数料が安いこと、そして1単位当たりの価格が半分以下であることで、個人投資家にとってはQQQMの方が有利です。

また、株やETFの現物にカバードコールなどのオプション取引を加える場合、オプション1枚は現物100単位です。

QQQの100単位は約27,200ドル(約400万円)、一方QQQMの100単位は11,500ドル(約170万円)となります。この点でも、QQQMの方が個人投資家には有利ですね。

次に、QQQMとQQQのBid-Askのスプレッドはどうでしょうか?
下は、2022年10月31日の米国時間に、IB証券のQQQMとQQQのBid-Askをキャプチャしたものです。
(スプレッドはあまり変わらないですね。)

そもそもInvescoは、長期間にわたって人気のあるQQQとは別に、なぜそれより手数料の安いQQQMを始めたのでしょうか?

インデックスに連動するETFとその廉価版としては、S&P500に連動する「SPY」と「SPLG」などがありますね。
QQQMやSPLGがつくられる背景として;
運用会社同士の手数料競争が激化する中、運用会社としては、基幹ETFの手数料は据え置きとして、その廉価版のETFを別途つくる、という事業戦略をとっているためと考えられます。

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました