IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 VEEV:Veeva Systems Inc. (ヴィーバ・システムズ)

カリフォルニア州プレザントンに本社を置くヴィーバ・システムズは、2007年設立、2013年上場、製薬およびライフサイエンス業界向けに、クラウドベースの顧客管理・文書管理・臨床試験管理などのITソリューションを提供する会社です。
同社は、2021年2月、上場企業として初めての「Public Benefit Corporation」(パブリック・ベネフィット・コーポレーション、PBC、通称B-Corp)に転換しています。


「パブリック・ベネフィット・コーポレーション(PBC)」とは、各州の法律に基づき、利益を追求しながら、より良い社会のために活動する企業を法的形態として採用するもので、米国では30州以上の州で法案が可決されています。PBCは株式会社形態を基礎として、定款に当該会社がPBCであることの記載が要求されます。
PBCの代表的企業としては、クラウド・ファンディングの「キックスターター」や、登山用品の「パタゴニア」などが挙げられます。

 



業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年9月18日

Wikipedia(日本語)
n/a

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました