IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データ、および個別銘柄の業績・株価比較チャートの最終更新日は、2022年9月25日です。
コラム

2021年版「CNBC Disruptor 50 companies:破壊的新興企業ベスト50」一覧(各社Webへのリンク付き)

CNBCが毎年、破壊的な革新を起こす可能性のある新興企業(未上場)を、「CNBC Disruptor 50」として発表しています。今年でもう9年目なのでお馴染みですね。過去のリストからは、多くの上場企業が誕生しています。

今年2021年の一覧は、5月に発表されています。

このリストは大変参考になるのですが、調べる時に各会社のWebサイトのリンクがないのが不便です。そこで各社Webサイトへのリンクと、業種別のソートを付けました。ご利用いただければ幸いです。

順位社名業種CNBC会社Web
1Robinhoodフィンテック
2Stripeフィンテック
3Discordメディア
4SentinelOneサイバーSec
5Didi Chuxing運輸
6Brexフィンテック
7Marqetaフィンテック
8Chimeフィンテック
9TytoCareヘルスケア
10ElevateBioバイオ
11K Healthヘルスケア
12Convoy物流
13Checkout.comフィンテック
14Indigo Ag農業
15SnykサイバーSec
17Lineage Logistics物流
16Tempusヘルスケア
18Gojek運輸
19CLEAR技術
20TALAフィンテック
21Flutterwaveフィンテック
22Thrasio小売
23Relativity Space航空宇宙
24Impossible Foods食品
25AMP Roboticsリサイクル
26Neteeraヘルスケア
27Cockroach Labs技術
28Cityblock Healthヘルスケア
29Udacity教育
30Apeel食品
31Sight Diagnosticsヘルスケア
32CybereasonサイバーSec
33Clubhouseメディア
34Sila NanotechnologiesEV
35Bestow保険
36Gopuff物流
37Databricks技術
38Rippleフィンテック
39Plaidフィンテック
40Nubankフィンテック
41Flexportフィンテック
42Flock Freight物流
43Eat Just食品
44Movandi通信
45Footprint素材
46Airtable技術
47BlocPower建設
48Patreonメディア
49Guild Education教育
50Healヘルスケア

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました