IG証券
ETFの紹介 コラム

ARKK(ARKイノベーションETF)が2カ月ぶり高値を回復

ARKKと米10年債利回りを比較してみよう

ARK InvestのARKK(ARKイノベーションETF)が反発中で、2カ月ぶり高値を回復してきていますので、詳しく見てみたいと思います。
下は、ARKKのろうそく足日足チャート(目盛りは右側)と、米10年債利回り(目盛りは左側)を重ねたものです。
(クリックで拡大できます。)

米10年債利回りがダブルトップ(1.17%近辺)を付けたのは5月12日で、強いCPIを受けて株価が全面安の展開でした。今から見れば、この日が「陰の極」でした。
ARKKが大底を付けたのは、翌日の5月13日です。5月14日には弱い小売売上高を受けて、リスクオンの展開が戻りました。

上のチャートの通り、その後ARKKは、長期金利の低下とともにほぼ一本調子で上昇しており、足元では3月~4月に何度かはね返されているレジスタンスラインをトライしていますね。

昨日は米国債利回りが1.48%台に低下、市場は現在のインフレが一時的な上昇に留まると確信している状況になってきました。これがIT・ハイテク株の上昇の背景になっています。
特に、「スーパー・グロース」のARKKには強烈な追い風になっています。(2月~4月は強烈な向かい風でした)

キャシーウッド氏は、ずいぶん前からインフレは一時的と言っていたので、この読みは的中でしたね。
テスラも反発中です。昨日は、インテリア・セラピューティクスが50%の急騰でした。
後は、ビットコインですかね・・・。ARKKはコインベースの買い増しを続けており、足元では保有ウエイトが10位まで上昇しています。
米国株「ARK Invest」特集(3)ARKの基幹ETF「ARKK」全構成銘柄リスト・順位変動(毎週更新)
はじめに 1回目の記事で、ARK Investの運用するアクティブ型のETFの一覧を紹介しました。 ARKK:Innovation ETF ARKQ:Autonomous Technology & Robotics ETF...

ARKのETFは、短期的にじたばたしない方が良いでしょうね。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました