IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 AAL:American Airlines Group Inc.(アメリカン航空グループ)

テキサス州ダラス・フォートワース空港に隣接して本社を置くアメリカン航空グループは、 2013年に、アメリカン航空の親会社であるAMRコーポレーションと、USエアウェイズの親会社であるUSエアウェイズ グループが合併して設立された航空持株会社です。同社は、旅客運送数及び旅客キロ数で世界最大の航空会社です。
2001年の米国同時多発テロ事件で、国内線2機がハイジャックされてテロに使われ、さらに2か月後に墜落事故が発生、利用客が激減して経営が悪化し倒産寸前まで追い込まれました。同業大手(ユナイテッド航空・デルタ航空・ノースウエスト航空)が連邦倒産法第11章の適用を申請して経営破綻する中、同社でも同章の適用申請が社内で議論されましたが、何とか持ち直して経営破綻を回避しました。
同社はブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、カンタス航空、JALなどと共に航空連合「ワンワールド」を結成しています。

ダラス・フォートワース国際空港は、発着数で世界3番目の大空港で、発着枠の7割がアメリカン航空で占められており、同社のハブ空港です。
旅行・レジャー関連の米国ETF・個別銘柄(正常化したら思いきり旅行したい)
「旅行・レジャー」関連のETF   ワクチン接種がすすんで正常化したら、思いきり世界を旅行したいですね。ということで、「旅行・レジャー」関連銘柄特集を始めたいと思います。1回目はETFと個別銘柄の紹介から始めます。 以下、旅行...

 



業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2022年06月25日


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました