IG証券
コラム

日本株と米国株の決定的な差は何でしょうか?

「日本株は恐ろしくて買えない」と断言する理由

金利急上昇や昨年の反動もあって、米国株は調整が続いていますね。でもS&P500のチャートはレンジの中でまだ崩れてはいないですし、ナスダックは徐々に反発の兆しが見えています。

3月の株式市場は普通、弱いですね(彼岸底)。じっくり様子見ですね。

ところで、元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏が、以下のようなコメントをされています。

日経平均3万円台でも…成毛眞氏が「日本株は恐ろしくて買えない」と断言する理由
(引用元:Yahoo、文春オンライン、2021年3月23日)

(~略)東京市場にもだぶついたお金が相当流れ込んで株価が急回復した。そういう事情だから、株価が上昇したのは東京だけではない。ほぼ全世界の株価が上昇している。
個別の銘柄に強い、弱いがあるように、各国の株式市場にも長期的に見ると、強い市場、弱い市場があるという。この市場の「力の差」の重要性を指摘するのは、日本マイクロソフトで社長を務めた後、投資コンサルティング会社を経営する成毛眞氏だ。
日本株が30年にわたって低迷を続けた背景には、東京市場が抱える弱みがあるとして、次のように指摘する。「日本株が圧倒的に不利なのが市場の大きさです。例えばアメリカであれば、『GAFA』の株に、世界中の個人投資家が群がっています。インド人も、中国人も、ベトナム人も、最近はアフリカの人々もお金を持っていて、英語がわかる人はみんな米国株を買っている。世界中の人が売買してみんなで株価を押し上げているのです。これに対して日本の場合、どんなに技術力があって有望な会社であっても、これを買うのは日本の個人投資家か、外国人の機関投資家に限られます。つまり米国株と比べると、日本株はそもそも市場参加者がメチャクチャ少ない。これは株価に決定的な影響を及ぼします。
今後、この差はもっと広がる可能性があります。かつて株式市場に投資するのは、アメリカ人とヨーロッパ人とせいぜい日本人しかいませんでしたが、今は中国人も東南アジア人もいる。(略)特にベトナムなどは平均所得で、日本人を上回っても全然おかしくない経済成長が見込まれています。そういう人たちは日本株ではなく、誰もが知っているブランド銘柄がそろっている米国株を買うはずです」

おっしゃる通りだと思いますね。
日本株は、昨年から「01銘柄」が特に強く上がってきましたが、上記のような構造的要因が大きいと思います。

参考に、S&P500と日経平均を1980年代からの超長期で比較すると↓
(クリックで拡大できます。)

日本の大企業が米国の大企業より劣っているかというと、個社はまちまちでしょうけど;
全体として利益率や資本効率は、あまり改善されていないと推測します。オーナー系ではない日本の大企業の弱点は、無駄な部署・英語もITも使えない無駄な社員が多すぎて代謝がない、部署同志が連携できない、何も決められない、とかでしょうか。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました