IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

米国株投資に金投資を加えてみよう(2)金投資に役立つおすすめ情報源リスト


この記事は、米国株・金(ゴールド)投資特集の一環で書いています。
今回は、金投資を始めるときに有効なおすすめ情報源をリストアップしておきたいと思います。

金投資の情報源:YouTube – ひろこのウィークリーゴールド

ひろこのウィークリーゴールド

進行はフリーアナウンサーの大橋ひろこさん、豊トラスティ証券(豊商事から社名変更)の提供で、著名なファンドマネジャー等が週替わりで、金をはじめとしてコモディティ市場の動向などを説明する無料動画です。

大橋ひろこさんは、FXとコモディティのブログを長くつづけています。

ひろこのボラタイルな日々
大橋ひろこのコモログ~商品価格を追え~

ご本人は「自腹で自ら投資することで誰にも負けない金融・投資アナウンサーになること」を目標にされていて、日々のトレードも公開しています。トレードがエントリーもエグジットも大変上手いので、とても参考になります。(特に

FXについては、有料メルマガを凌駕していると思います。)

目次に戻る

金投資の情報源:メルマガ – 江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー

江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー

住友商事出身の著名ファンドマネージャーの江守哲さんのメルマガです。私(米国株.com管理人)も購読しています。毎日読み続けることで力が付くと思います。

江守さんの手法は、ヘッジファンドの運用手法「グローバルマクロ戦略」に基づいて、株式・為替・債券・コモディティ市場における運用を通じて投資資本に対するリターンの最大化を追究する、というものです。

金への投資は、ポートフォリオ全体の10%程度」が定番だと思います。株や為替など他の投資対象も含めたグローバル市場の分析の中で、投資対象の一部として金への投資を行うと良いと思いますの、その意味ではこの江守さんのブログが最適だと思います。

サンプルとして、先週金曜日朝のメルマガの中の一部を紹介します。

【貴金属のトレード戦略の考え方】
金相場は堅調に推移し始めている。FOMCの結果を受けて、投機筋が買い上げている可能性がある。このトレンドが持続的なものになるかはわからないが、いまはトレンドが上向いている。ただし、1830ドルを超えられないと、結局は打たれることになり、再び下げる可能性もある。本日の値動きを見たうえで、次の方向性を見極めることになろう。銀も上げているが、同様の見方である。ただし、25.65ドルを超えると急騰する可能性がありそうである。注目しておきたい。

先週金曜日の金のチャートをみてください。1830で反落しています。

江守さんのメルマガはこちらです↓


目次に戻る

金投資の情報源:Webサイト – World Gold Council

World Gold Council

ワールドゴールドカウンシルは、世界の大手金採掘会社で構成されている非営利組織で、英国のロンドンに本社を置き、インド、中国、シンガポール、米国にオフィスを構えています。金の市場動向などについて、頻繁に調査レポートを公開しており、ニュースサイトの金相場関連のニュースの情報元としてしばしば引用されます。

英語のサイトですが、金の投資を行う上で重要ですので、ぜひアクセスしてみてください。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました