IG証券
コラム

米国株の「信用取引」は可能か?

米国株の信用取引の状況

米国株を始める方は多くなってきていますが、日本株と比べて米国株がもの足りない点は、「信用取引が出来ない」ことだと思います。

  • SBI証券の回答
    「外国株式で信用取引はお取扱いしておりません。 現物取引のみのお取扱いとなります。」(データ元

  • マネックス証券の回答
    「米国株の信用取引、オプション取引を取り扱っておりません。」(データ元

  • 楽天証券の回答
    「当社では、米国株式の信用取引・オプション取引をおこなうことはできません。」(データ元

米国内の証券会社の非居住者口座も、日本在住のほとんどの方には現実的な選択肢ではないでしょう。

目次に戻る

信用取引と同様に取引できるIG証券の米国株CFD

ここで最もおすすめ(というか唯一の選択肢)は、国内証券のIG証券の米国株CFDです。約4,000の米国株個別銘柄(ほぼ全銘柄)を対象に、信用取引と同様の取引が可能です。レバレッジ(5倍)で資金効率が良く、売りから入れるので下落相場も狙えます。

IG証券の米国株CFDの特徴

  • 米国株の取引銘柄数は、約4,000(ほぼ全銘柄)
  • レバレッジ5倍
  • 売りからも入れる
  • リーズナブルな手数料
  • 1株から取引可能(レバレッジを使えるので、数百円〜数千円から始めるられる)
  • 米国株の個別株だけでなく、米国ETF(ARKKなども可能)、欧州株日本株中国株、アジア株など約12,000の世界の個別株CFDが可能
  • 約40の各国の株価指数CFD約40のコモディティCFD(金や原油など)、約100のFX(通貨ペア)も可能
  • ニュース&分析レポート、取引戦略レポート、IGTVなどのコンテンツ充実

したがって、

米国株個別銘柄の買い(現物)SBI証券、またはマネックス証券、または楽天証券など
米国株個別銘柄の買いと売り
(レバレッジ5倍)
IG証券

というふうに複数口座を利用して使いこなすと良いと思います。ETFも同様です。

IG証券の詳しくは、下のバナーからすすめます。

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました