IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

『3波狙いCFDトレード戦略(米国株.com式)』とは?

『3波狙いトレード戦略(米国株.com式)』とは?

『3波狙いトレード戦略(米国株.com式)』は、S&P500やナスダック100などの米国株価指数をはじめとするCFD(株価指数・FX・商品)について、波動分析を基にした短期トレード戦略です。

「3波狙いトレード戦略(米国株.com式)」は、上図のように、『トレンド転換を含む波動(=1波)の後に、調整の波動(=2波)を待って、その後の本格的な推進波(=3波)の起点付近でエントリーする戦略』です。

要は、いたって普通の「押し目買い」「戻り売り」の順張りです。ただし順張りのなかでも、特に「トレンド転換後の初押し(初戻り)」を狙うものです。
押し目(下降トレンドなら戻り目)を狙うことは順張りトレードの基本ですが、下図のように最初の押し目・戻り目(赤丸)が最も優位性が高いとされます。トレンドが継続するにつれて、押し目買いの優位性は次第に減少して、反対勢力が増えていきます。

3波を狙うことはとても理にかなっており、きわめて基本的な戦略です。特にFXトレードでは、多くのトレーダーに支持されている手法です。

「米国株.com式」と名付けているのは、質の良い1波の見極め方や、2波の待ち方、3波のエントリー時に優位性を判断する方法、TradingViewのインジケータなど、細かいポイントをいろいろと研究しているためです。細かいポイントは別の記事で後日、紹介していきますね。

目次に戻る

3波狙いトレードの実例

それでは具体的なチャートでみてみましょう。
トレンド転換のポイントをわかりやすくするために、上の最初のチャートと同じように、下降トレンドを赤色、上昇トレンドを青色で表示しています。

まずは「上昇3波」を狙う買いエントリーのケースです。これは日経平均株価指数CFDの1時間足チャートです。

次に、「下降3波」を狙う売りエントリーのケースをあげておきます。これはユーロ円の1時間足チャートです。
考え方はまったく同じで、方向が上のチャートと反対になるだけです。

このトレード戦略は、S&P500・ナスダック100・日経平均などの株価指数CFDのほか、FXや、金や原油などのコモディティCFDなどあらゆるCFDトレードに活用することができます。

「3波狙いトレード戦略」の有効性を感じられたかと思います。筆者は長年、(米国株の個別銘柄の長期投資とあわせて)この手法でCFDの短期トレードを続けています。

米国株の長期投資をされている方に、短期トレードのスキルもあげていただきたく、この手法の詳細を長期連載で紹介していきたいと思います。
それでは、どうぞよろしくお願いいたします!

ご意見・ご要望がありましたら、ぜひお問い合わせページからご連絡いただければと思います。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました