IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

2波・3波の待ち方『3波狙いCFDトレード戦略(米国株.com式)』

はじめに

今回の記事では、1波につづく2波・3波の要点を説明していきたいと思います。

目次に戻る

十分にひきつける

この手法をためしていただくと、まず最初は多くの方が、2波の途中で待ちきれずにエントリーしてしまう(エントリーが早すぎる)と思います。

今回の記事の内容は、いかに精度の良いエントリーにつなげるかに関するものです。
なおこの手法は、推奨設定の記事でご説明したとおり、4時間足レベルの高値・安値を使う(使うのは1時間足チャート)ゆったりしたスイングトレードですので、1波の見極めが良ければ、エントリーの精度が悪くても最終的に勝ちトレードになることが多いと思います。まずはロットを少なめにして、逆指値や分割エントリーを使って、数をこなしてみてください。

2波・3波における最も重要なポイントは。「2波の終了・3波の開始は、3波の途中までいかないとわからない。」という点です。

いかに引き付けて2波・3波を待つかという点で、以下のポイントがあげられます

時間調整(日柄調整)を意識する

2波は、1波や3波のようなトレンド方向への推進派と異なり、トレンドとは逆方向への調整波です。
2波は、(1)1波でエントリーしたトレーダーの決済の勢力と、(2)トレンド転換をみて新たにエントリーする勢力のせめぎあいでつくられる波動で、時間調整(日柄調整)の波動といえます。また基本的に、上下にふられる不規則な動きになりがちです。

ここで、前回掲載したトレードの実例を再度掲載します。

上の実例では、1波は約2日半、それに対して2波も約2日半かかっています。
2波を待つ上で最も重要なポイントは、2波は時間調整(日柄調整)の波動であるために時間を要する、という認識です。

目次に戻る

下位の時間足におけるトレンド転換を意識する

次のポイントは、「下位の時間足におけるトレンド転換を意識する」という点です。
下の図をご覧ください。

上の図では、4時間足レベル(表示するのは1時間足チャート)の2波の中に、下位足の1時間足レベル(表示するのは15分足チャート)の小さな波動を記載しています。
4時間足レベルの2波の中で、1時間足レベルでは、まず下降トレンドが発生し、その後トレンド転換して1波、そして2波、3波と移行していることがお分かりいただけると思います。

このように、4時間足レベルの2波・3波を待つ上では、下位の1時間足レベルのトレンド転換に注目することがとても重要です。

目次に戻る

1波でブレイクした抵抗帯の境界に注目する

下図は、前回掲載した1波の見極めをめぐる説明図です。


2波は、1波がブレイクした重要な抵抗帯の境界付近で止まりがちです。
もしこの付近で止まらなければ、綺麗に3波に移行する可能性がかなり低くなった、と考えることができます。

目次に戻る

フィボナッチ・リトレースメントを参考にする

当手法に限らず、反転の波動は主たる波動の、0.382、0.5、0.618付近が意識されがちですので、参考にすることができます。

そうなりがち、というだけで、フィボナッチ・リトレースメントを単独で使うのは危険です。あくまで参考程度になさってください。

逆指値を利用する

日中お仕事があってチャートを見れないサラリーマン・トレーダーの方は、特に逆指値を利用することをおすすめします。逆指値の設定ラインは、上記の各項目を参考になさってください。

目次に戻る

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました