IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 NIO:NIO Inc.(ニーオ)

NIO(ニーオ)は、プレミアムEVのメーカーで「中国版テスラ」と呼ばれています。NIOの中国名「蔚来」(WeiLai)は、「Blue Sky Coming:青空がやって来る」という意味で、EVで深刻な大気汚染を解消するというミッションを示しています。

同社は2018年9月にニューヨーク証取に上場、2018年は販売好調でしたが、2019年に入ると、米中貿易摩擦や中国政府が高級EV向けの補助金を減額したことなどを受けて業績は低迷、さらにバッテリー発火事故が相次ぎました。しかし、2020年、中国政府による補助金の支援、国有企業数社からの出資などで、コロナ後に業績は回復傾向にあります。
なお中国政府にとって、EV産業の育成は千載一遇のチャンスですが、新興のニーオにとっては第一汽車や東風汽車といった国営企業との競争は明らかに不利であることが、高級EV市場で米国上場の背景にあります。

今後、テスラやニーオが成長していくのか、アップル(iCar)は参入するのか、中国国営EV企業や日欧の伝統メーカーの戦略は?、EV市場の動向には注目ですね。

なお下の動画を見ると、(テスラよりも)ニーオを応援したくなると思います。
The Story of William Li – Founder of NIO
https://youtu.be/JmjvVTxcWAk

なお、(テスラは内製ですが)ニーオは製造を外部委託するファブレス型の事業モデルです。将来のアップル・カーもファブレスでしょうね。

 


業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年7月31日

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました