IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

テスラの納車台数は241,300台(2021年3Q)。市場予想を上回る

テスラの納車台数 241,300台(2021年3Q)

昨日(2021年10月2日)公表されたテスラの生産・納車台数(2021年3Q)は、以下の通り、市場予想を上回りました。(データ元:テスラIRサイト

生産台数:Model S/X 8,941台、 Model 3/Y 228,882台:合計 237,823台
納車台数:Model S/X 9,275台、 Model 3/Y  232,025:合計 241,300台 (市場予想:220,900台)

米投資銀行パイパー・サンドラーのアナリストの強気予想(目標株価:1,200ドル)がCNBCに掲載されています↓。

バッテリー式電気自動車(BEV)市場におけるテスラのシェアはほぼ確実に低下します。これは、多くの同業者がまだBEVの販売を開始していないためです。しかし市場全体に占めるテスラのシェアは今後も上昇し続けると予想しており、BEVの市場シェアの低下は弱気の兆候と見るべきではありません。結局のところ、テスラは他のEVだけでなく、あらゆる種類の自動車と競争しています。(元データ:CNBC

目次に戻る

テキサス工場で株主総会を予定

テスラはまた、今週木曜日(10月7日)に、オースティン近郊の現在建設中のテキサス工場で年次株主総会を開催する予定です。今週も市場の注目が続きそうです。

テスラの本社はまだカリフォルニア州パロアルトですが、イーロン・マスク氏は既にテキサスに引っ越していますね。

なお、テスラはご存じの通り、キャシー・ウッド氏率いるARK Investの基幹ETF「ARKK」の筆頭銘柄ですね。
ここのところARKKは、テスラを売っていますが、これは他の銘柄に比べてテスラが上がりすぎたことによるポートフォリオの「リバランス」ですので、キャシー・ウッド氏がテスラについて弱気になっているということではないと考えます。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました