IG証券
コラム

火星探査機が着陸。SPACと合併して続々と上場する宇宙関連銘柄に注目してみよう

火星探査機が火星に着陸

NASAの火星探査機「パーシビアランス」が日本時間の2月19日朝、火星に着陸しました。今後2年近くにわたり、生命の痕跡を探すほか、火星では初めてドローンの飛行試験を行うなど、将来の有人探査に向けた調査や実験を行う予定とのことです。

「パーシビアランス(Perseverance)」は、「忍耐力」という意味です。NASAは抽象名詞を付けますね。前回は「キュリオシティ(好奇心)」でした。

宇宙探査・宇宙旅行関連銘柄に注目してみよう

さて今回の記事では、宇宙探査関連の会社が続々とSPACと合併して上場する予定なので、まとめておきたいと思います。

参考:A Message From the Mars Rover: It’s Time to Invest in Space (Barron’s)

モーメンタス(Momentus)


モーメンタスのWebサイト

カリフォルニアに本社を置くスタートアップ企業、モーメンタス(Momentsu)は、宇宙物流(”Space-logistics” service, “In-space transportation” services)を手掛ける会社で、「軌道間輸送(軌道間シャトル)」サービスを提供する会社です。

イーロンマスク率いるロケット打ち上げの会社「スペースX」は、地球観測衛星など複数の小型の人工衛星をロケットに「相乗り」させる「ライドシェア」の打ち上げを始めていますが、ロケットで到達する軌道は各衛星のミッションとは異なる可能性があるので、衛星側で自前のエンジンを噴射して目標の軌道まで移動する必要があります。しかし小型の衛星の場合、エンジン搭載は難しいこともあるので、ライドシェアで相乗りした各衛星のミッションに沿った軌道へ届ける「軌道間輸送」の需要が出てきます。モーメンタスは、スペースXのライドシェア打上げの最初の顧客になっています。

モーメンタスは、SPAC(特別買収会社)のStable Road Acquisition(SRAC)と合併して上場する予定です。

目次に戻る

アストラ(Astra)


アストラのWebサイト

カリフォルニアに本社を置くアストラは、スペースXと同様の、ロケット打ち上げのスタートアップ企業です。
ロケット打ち上げのベンチャー企業は数多くありますが、その中でもアストラは、固有の設計思想でコスト競争力の高い小型ロケットの打ち上げを得意としています。

アストラはSPACのHolicity(HOL)と合併してナスダックに上場予定で、ロケット打ち上げ企業として初の上場会社となる予定です。

アストラのプレスリリース(2021年2月2日):
Astra to Become the First Publicly Traded Space Launch Company on NASDAQ via Meter with Holicity.

目次に戻る

ブラックスカイ(BrackSky)

ブラックスカイのWebサイト

シアトルに本社を置くブラックスカイ(BlackSky)は、地理空間インテリジェンスサービスの会社です。2016年に最初の衛星「パスファインダ」を打ち上げて以降、「BlackSky Global Intelligence Platform」と呼ばれるシステムの開発や、NASAとの提携などをすすめています。

宇宙から解析した地理空間データがいろいろな分野で有望であることが、下の同社の動画でわかります。

Be the First to Know. With BlackSky.
ブラックスカイは、Osprey Technology Acquisition(SFTW)と合併、上場の予定です。

以上3社のスタートアップ企業は、すでに上場しているバージン・ギャラクティック(次章ご参照)に続く宇宙関連の上場企業となります。

目次に戻る

バージン・ギャラクティック(Virgin Galactic:SPCE)

バージン・ギャラクティック(ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソン氏が設立した宇宙旅行ビジネスの会社)は、宇宙旅行のパイオニアとしてすでに上場しています。以下の個別記事をご覧ください。
銘柄解説 SPCE:Virgin Galactic Holdings, Inc(バージン・ギャラクティック)
バージン・ギャラクティックは、ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソン氏が設立した宇宙旅行ビジネスを手掛ける会社で、SPACとの合併を経て2019年10月に上場したばかりです。同社は、年500人の観光客を一人...

バージン・オービット(Virgin Orbit)


バージン・オービットのWebサイト

なお、ヴァージン・グループのもう一つの宇宙ベンチャー企業であるバージン・オービット(Virgin Orbit)が、まもなく別のSPACのターゲットになる可能性があります(By Barron’s)。

バージン・オービットは、前述のバージン・ギャラクティックから分社したロケット打ち上げの会社です。バージン航空の旅客機の翼から小型ロケットを打ち上げるスタイルをとっています。(下の動画をご覧ください。)

Virgin Orbit's LauncherOne Rocket Takes Flight (Mission Recap)

目次に戻る

宇宙探査・宇宙旅行関連のETF

まだローンチしていないですが、Ark Investが宇宙関連のETF「ARKX」の申請書類をSECに出しています。上記の宇宙探査・宇宙旅行関連の各銘柄が、ARKXの運用対象の候補になると見込まれます。

目次に戻る

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました