IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

ARKのETF(ARKKなど)が日本の証券会社で買えないのはなぜ?(ただしCFDは国内でも取り扱いあり)

なぜARKK等のETFは日本で買えないのか?

ARK InvestのETF(ARKKなど)は、昨年米国のETF市場を席捲、人気のあるETFですね。
しかし、日本の証券会社では取り扱いはありません。

なぜなら、「金融庁への届出の無い海外ETFは、日本の証券会社では扱えないから」です。

根拠法は、投資信託及び投資法人に関する法律(通称「投信法」)の以下の規定です。

投資信託及び投資法人に関する法律
(外国投資信託の届出)
第五十八条 外国投資信託の受益証券の発行者は、当該受益証券の募集の取扱い等(※その内容等を勘案し、投資者の保護のため支障を生ずることがないと認められるものとして政令で定めるものを除く。)が行われる場合においては、あらかじめ、内閣府令で定めるところにより、当該外国投資信託に係る次に掲げる事項を内閣総理大臣に届け出なければならない。
~以下省略~

※当サイト注
太字の個所は、届出義務の適用除外があることを意味します。具体的に届け出の必要がないのは、
日本で上場している海外ETF(投信法施行令 30 条)
株価指数連動型の海外ETF(投信法施行令 12 条)
などです。

監督官庁の金融庁としては、日本国内の投資者保護を図る観点から当局が実態を把握する必要があるため、発行者に届け出を課している、ということですね。
なお届け出を出すと、それで終わりではなくて、定期的な運用報告もあるので、翻訳を含めていちいち手間がかかるわけですね。

マネックス証券の社長の清明さんが、ツイッターで以下のように説明されています。

以上のように日興アセットマネジメントが類似の投信を出していますが、ARKKなどのETFを直接買いたい場合は、(米国非居住者OKのFirstradeなど)米国の証券会社に口座を作るしかありません。(ただし確定申告、英語共に必要ですので面倒ですね)。

しかし、CFDなら国内でも取り扱いがあります。↓

ARKのETFのCFDは、国内証券で唯一IG証券で取り扱いあり

国内証券で唯一、IG証券では、ARKK等のARKのETFのCFDを取り扱っています。CFDの場合は、調整相場で売りを建てることができますし、レバレッジも効かせられるのでオススメです。(詳しくは、以下のリンクから↓)

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】

IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました