IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

ARKのキャシー・ウッド氏、FEDの政策に反論。その根拠は?

ウッド氏「FEBが利上げを続けるのは間違いである」

ARK Investを率いる著名ファンドマネージャー、キャシー・ウッド氏が、同社のブログ及び動画で、「FEDは政策上の間違いを犯しており、このままFRBが利上げを続ければ深刻な金融危機を招く恐れがある。」と意見していることが話題になっていますね。

ARK Extends An Open Letter To The Fed
2022-10-10

ウッド氏の「FEBが利上げを続けるのは間違いである」とする主張の根拠ををまとめると、以下の通りです。

  • FRBが金融政策を決定する上で重視する2つの指標「employment and headline inflation(雇用と、総合的なインフレ率)」は、遅行指標(lagging indicatorである。
  • 先行指標(leading indicator)であるコモディティ価格在庫状況を注視すべきである。
  • 多くのコモディティ価格(金、木材、中古車など)は、すでにピークアウトしている。
  • ナイキ、ウォルマート、ターゲットなどの世界的企業が足元で急激な在庫高の上昇に直面している。

在庫高が急上昇すると、企業はより多くの在庫を処分するために、価格を引き下げようとします。ウッド氏は、この企業行動が物価下落の要因となるために、企業の在庫状況が「先行指標」になると主張しています。

なお、Fedが間違っていると主張しているのは、ウッド氏だけではありません。

株式投資研究の世界的権威として知られるウォートン大学のジェレミー・シーゲル教授は、CNBCとブルームバーグとのインタビューで、「FRBは利上げのペースを緩めるべきだ。」と述べました。シーゲル氏のインタビューは、後にイーロンマスクによってツイートされ、テスラ氏は「Siegel is obviously correct. (シーゲル氏は明らかに正しい)」と述べています。

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました