IG証券
ETFの紹介 コラム

キャシー・ウッド氏 、「世紀の空売り」マイケル・バーリ氏のARKK・テスラ逆張りに反論

マイケル・バーリ氏がARKKとテスラ株に対して巨額の逆張り

マイケル・バーリ氏は、マイケル・ルイス氏のベストセラー「世紀の空売り(”The Big Short”)」(映画版の「The Big Short」はこちら)で有名なヘッジファンド投資家です。(同氏は、世界金融危機の発端となった米国住宅ローン証券の下落に賭けて成功しました。)

マイケル・バーリ氏のヘッジファンド「Scion Asset Management(サイオン・アセット・マネージメント)」が2021年8月16日に提出したForm-13Fによると、キャシー・ウッド氏率いるARK Investの基幹ETF「ARKK」とテスラ株について、巨額のプットオプションを、2021年6月末時点で保有していることが明らかになっています。

(クリックで拡大できます。)

サイオン・アセット・マネジメントは2021年6月末時点で、ARKKの235,500株に対するプットオプション(売る権利)を保有しています(同ポジションは約3100万ドル(約34億円)に相当)

加えて、ARKKの中で最大の構成比率を占めるテスラ株についても、1,075,500株に対するプットオプションを保有していることを開示しています(対前四半期比で800,100株分が増加)。

目次に戻る

キャシー・ウッド氏の反論

キャシー・ウッド氏は17日、上記マイケル・バーリ氏の逆張りについて、ツイッターで以下の様に反論しています。

To his credit, Michael Burry made a great call based on fundamentals and recognized the calamity brewing in the housing/mortgage market. I do not believe that he understands the fundamentals that are creating explosive growth and investment opportunities in the innovation space.

キャシー・ウッド氏は、「マイケル・バーリ氏は、住宅ローン市場で素晴らしい読みを示したが、イノベーション(革新)という分野で爆発的な成長と投資機会を生み出すファンダメンタルズを理解していない」とコメントしています。

マイケル・バーリ氏は短期逆張り投資、キャシー・ウッド氏は長期グロース投資。投資のスパンが全く違いますが、さてどうなるでしょう。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました