IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

インフレに強い典型的銘柄のディーア(DE)は、「農機のテスラ」になる?

ディーアの足元のパフォーマンス

まずは、農機世界首位のディーア(DE:通称「ジョン・ディア」)の足元のパフォーマンスをご覧ください。
2020年年初からの相対比較として、青がディーア、緑がキャタピラー、オレンジがS&P500、赤がダウ平均です。
(クリックで拡大できます。)

上のように、ディーアの足元の株価は好調ですが、何が背景にあるのでしょうか?今回はディーアの特徴を見ていきたいと思います。

なおディーアの年度末は10月で、1Q決算(11月~1月)が今週の金曜日に発表されます。

目次に戻る

ディーアは、インフレに強い銘柄の典型例

米国のインフレが長期化する懸念が大きくなっています。また短期的に鎮静化したとしても、長期的なインフレの時代に入った、と見る向きがあります。どのような銘柄がインフレに強いか?という見方は、今後とても重要になってきそうですね。

まず、インフレに強いセクターとして、金融セクターとかエネルギーセクターがよく挙げられますが、これはなぜかというと、これらのセクターはインフレになると価格を上げることが容易であるためですね。

つまり、インフレ環境では価格を消費者に転嫁できる「価格決定力」が重要になるので、業界の中でトップシェアを誇る企業が有利になります。

この意味で、農機世界首位として価格決定力が高いディーアは、インフレに強い銘柄の典型例の一つとみられています。加えて、コーンや小麦、大豆などのコモディティ価格の上昇は、農家をはじめ農業セクターにとって長期的な追い風となりそうです。

目次に戻る

ディーアは、「農機のテスラ」になる?

従来、どちらかというと地味な農業セクターの代表銘柄であるディーアが市場で注目される理由として、「農業セクターは、自動運転技術や宇宙技術によってイノベーションが起きる可能性がある」とみられているためです。

ディーアは今年1月に、ラスベガスで開催された「Consumer Electronics Show:通称CES」で、自動運転トラクターを発表しました。

自動運転のトラクターは、時間と労力の両方を節約し、常時稼働することもできます。 自動運転トラクターが市場に出回ったときには、多くの消費者の関心を集めることが期待されています。

加えて、ディーアは、破壊的イノベーションで有名なファンドマネージャー・キャシーウッド氏率いる、ARKのETFに含まれています。

ディーアは、GPSを使用した上記の自動運転トラクターを計画中であるほか、農業用ドローンアプリケーションのリーダーであり、また2017年には、機械学習を農業に適用するテック企業を買収しており、宇宙から得られる情報を基に農薬や除草剤などの使用を最適化したりするイノベーションなどが期待されています。

ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました