IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データの最終更新日は、2022年8月07日です。
個別銘柄の業績・株価比較チャート(米国株.com式)の最終更新日は、2022年8月06日です。
コラム

歴史に照らせば、ほとんどのEV(電気自動車)スタートアップ企業は倒産する

Ark Investのニュースレターの最新号で、EV(電気自動車)関連のスタートアップ企業について、興味深い記事が掲載されています。

当記事によると;

  • ガソリン自動車は1900年代初頭に商品化されると、約485社が事業に参入、そのうち1930年まで生き残ったのは50社未満で、うち3社が市場の80%を独占しました。
  • 中国では2019年までに500社を超えるEV企業が設立されましたが、2020年、製造拡大のために追加の資金を調達できたのはほんの一握りでした。
  • 2021年はさらに、中国以外でも多くのEV関連のスタートアップ企業が設立されると見込まれますが、歴史に照らせば、そのうちほとんどの企業は成長できずに消滅する可能性が高いと考えられます。

 

中国政府にとってEV市場は千載一遇のチャンスであるものの、国営の自動車企業が有利な上に、2019年はEV向けの補助金が減少したのが大きいと思います。中国のEV市場は、競争が熾烈なので、初期の資金調達の段階で多くの会社が淘汰されている、ということかと思います。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました