IG証券
コラム

2021年、テスラ株の保有者は「ガチホ」するべきか?

昨年上がりすぎたテスラ株の保有者はどう振る舞うべきか?

現在のテスラ株に関する指標は、以下の通りです。
(データ元:Yahoo Finance 閲覧日:2021年1月20日)

  • 予想PER: 204.08
  • 株価売上高比率: 29.84
  • PBR: 48.85
  • PEGレシオ※(5年間の予想利益成長率を使用) : 1.66

テスラ株を保有している個人投資家は、「ガチでホールド」という感じの方が多いと思います。
ただし、(高い成長性の一方で)指標からみれば明らかに過熱しているので、弱気相場になると株価が調整することは考えられますよね。
そこでどう振る舞えばよいでしょうか?

※PEGレシオはこちらをご参考ください。テスラは予想利益成長率がとても高いので、(予想PERだけでなく)PEGレシオをみると見方が変わってきます。

ETF「ARKK」のテスラ株構成比率の直近推移

ご参考に、2020年にETF市場を席巻した「ARKK」の中で、テスラ株の最近の構成比率は、以下のように推移しています。

ARKKのテスラ株構成比率の推移
2021年1月8日:10.9%

2021年1月15日:9.65%

2021年1月19日:9.10%

Ark Investは、テスラ株の構成比率を徐々に下げていっていますね。

すなわち、テスラ株を保有している個人投資家に重要な考え方は、「リバランス」であると思います。

リバランスとは?

リバランスとは、株価の上下によって、当初の割合が崩れてしまったポートフォリオを、元の状態に戻すことです。下の説明図の引用元は、日本証券業協会です。(見やすい絵なので使わせていただきます。)

リバランスには、毎年1回など一定の期間ごとに行う場合と、最初の状態から1割以上ずれたらなど変化に応じて行う場合があります。初心者や忙しい人には、どちらかといえば市場の動きに左右されない定期的なリバランスが向いています。
リバランスは割合の大きい部分を売却したお金で割合の小さい部分を買い足すだけでなく、新たなお金を追加して割合の小さい部分を買い足すことでも実現できます。特に若い世代の人は、新たな資金を追加しながら将来に向けて少しずつでも資産をふやしていく(ポートフォリオ全体の円を大きくしていく)ことが大切です。

テスラ株に限らず、ポートフォリオの中の銘柄が高騰した場合は、(含み益がたくさんあって売りにくいと思いますが)ぜひリバランスの考え方を検討してみてください。全株売る必要はないので。
ご参考になれば幸いです。

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました