IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
ETFの紹介 コラム

ヘルスケアの中で安定成長の「医療機器」関連、ETFは「IHI」に注目してみよう

医療機器関連銘柄とは

ヘルスケアセクターは、バイオテクノロジーや医薬品、へルスケアサービス、ヘルスケア機器など多様な産業に細分化できますが、当記事では、その中で「医療機器(Medical Device)」関連に焦点を当ててみたいと思います。

各医療分野の専門医療機器、外科手術用の医療機器や手術システム、各種診断機器などを取り扱う「医療機器」を手掛ける米国企業には、M&Aを繰り返して国際的に事業展開している大型株(S&P500構成銘柄の中でも、上位100位内)が多く存在します。これらの企業群は、M&Aを繰り返して長期的に成長しており、かつバイオテクノロジー分野ほどは業績がボラタイルではないため、長期投資に向いている優良銘柄がそろっています。

医療機器関連の代表的な銘柄は、以下の通りです。

目次に戻る

医療機器関連のETF「IHI」

次に、上記の医療機器関連銘柄に分散投資するブラックロックのETF「IHI」を紹介したいと思います。

IHI:iShares U.S. Medical Devices ETF

運用会社:ブラックロック
Yahoo Finance

まず、IHIのパフォーマンスを、S&P500、ヘルスケア全体の代表的ETF「XLV」、バイオテクノロジーの代表的ETF「IBB」と比較してみます。

2016年以降の約5年間の長期パフォーマンス比較

IHIが青、S&P500がオレンジ、XLVが青緑、IBBが赤です。

IHIは、長期的に、S&P500、XLV、IBBのすべてに対して安定的にアウトパフォームしていることがわかりますね。

目次に戻る

2020年年初からの短期パフォーマンス比較

IHIは、足元でも、S&P500、XLV、IBBのすべてに対して安定的にアウトパフォームしていることがわかります。IBB(赤)はバイオテクノロジーが対象ですので、ボラタイルな推移をしています。

目次に戻る

IHI:iShares U.S. Medical Devices ETFの概要


(以下のデータ元はYahoo Finance、閲覧日は2021年4月30日)
純資産:8.66B
分配金利回り:0.25%
年初来リターン:10.16%
ベータ値(5年月次)0.79
純経費率:0.42%
開始日:2006-05-01

構成銘柄上位10位(総資産の68.99%)
Abbott Laboratories ABT 14.27%
Thermo Fisher Scientific Inc TMO 11.99%
Medtronic PLC MDT 10.58%
Danaher Corp DHR 7.66%
Stryker Corp SYK 4.42%
Becton, Dickinson and Co BDX 4.32%
Boston Scientific Corp BSX 4.23%
Intuitive Surgical Inc ISRG 4.20%
Edwards Lifesciences Corp EW 3.94%
IDEXX Laboratories Inc IDXX 3.38%

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました