IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

テスラの納車台数は343,830台(2022年3Q)。2Qからは急回復するも、市場予想を下回る

テスラの納車台数 343,830台(2022年3Q)

2022年10月02日、テスラは2022年3Qの生産台数・納車台数「Production & Delivery」を公表、市場予想を下回る結果でした。(データ元:テスラIRサイト

生産台数:Model S/X 19,935台、 Model 3/Y 345,988台:合計 365,923台
納車台数:Model S/X 18,672台、 Model 3/Y 325,158台:合計 343,830台 (市場予想:358,000台)

 

市場予想を下回りましたが、四半期納車台数は過去最高です。上のグラフで分かる通り、前四半期(2022年2Q)は中国のCOVID-19によるロックダウンを受けて大きく落ちこみましたが、3Qは急回復しています。

当四半期の数値で気になるのは、生産台数と納車台数の差がいつもより大きくなっている点ですね。
テスラは他の自動車メーカーのような販売代理店を持たないので、生産台数と納車台数の差はいつも小さくなります。

バロンズでは、当四半期の生産台数と納車台数の差は、上海工場の生産車のうちヨーロッパに輸送中のものが影響していると解説しています。(納車台数は、顧客に納車するまでカウントされません。)

つまりテスラの公表している「Production & Delivery」の「Delivery」は、「納車台数」と訳すべきで、「出荷台数」ではない、ということですね。

なお今回の輸送中の車両の影響は事前に指摘されていたため、市場予想値はこの影響を加味しているようです。

先週末で、テスラ株は年初来で25%下落しています(S&P500指数も同じく25%の下落です。)
さて今晩の市場の反応はどうなるでしょうか。
ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました