IG証券
コラム

テスラ「AIデー」で紹介されたマスク氏の野望「EVは車輪のついたロボット」

テスラ、2022年中にヒト型ロボットの試作品を開発

テスラが2021年8月19日に開催した「AIデー」で、イーロン・マスクCEOは、自動運転技術やバッテリー、センサー、車作りなどEVで培った強みを生かして、来年中にヒト型ロボット「Tesla Bot」の試作品を開発すると表明しました。テスラがEV世界最大手であることを背景に、マスク氏は、「EVは車輪のついたロボットのようなものだ」として、「当社はおそらく世界最大のロボット会社だ」と説明しました。

なお今回のイベントは、投資家向けではなく、優秀な技術者をテスラに呼び込むためのもので、ニューラルネットワークの学習のために自社開発している半導体の進捗状況、先進的な製造技術、FSDのベースとなる車載カメラを使用した「ビジョン」ベースのシステム、開発中のスーパーコンピューター「Dojo(ドージョー)」などを紹介する純粋に技術的なイベントでした。

昨日のテスラ株には特に影響がなかったようです(下は昨日引け時点の日足チャートです)。

(クリックで拡大できます。)

マスク氏は、完成する前の試作段階で製品を発表して、将来的なビジョンを売り込むスタイルで知られています。
テスラが上記のロボットをどこまで本格的に製品化するのかは未知数ですが、EVをはじめロケット事業など、様々な技術革新を実現してきただけに、ロボットの分野でも今後大きな影響を与える可能性がありますね。

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました