IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 TDOC:Teladoc Health Inc.(テラドック)

テラドックは、ニューヨークに本社を置く「遠隔医療サービス」(オンライン診療・オンデマンド診療)のトップ企業です。
当社のサービスは、電話、ビデオ会議ソフト、モバイルアプリを使用して遠隔医療を提供するもので、新型コロナウイルスによるパンデミックの発生以降、外出制限で医師の診察を受けられない人が増加して需要が急増しています。当社は2002年設立で、2015年にNY証取上場、医療関連会社の買収を続けており、最近では2020年に糖尿病患者向けサービスのリヴォンゴヘルス(LVGO)を買収しています。

GoogleやAmazonも遠隔医療サービスに参入を始めており、競争が厳しくなると見られていますが、一方でこのビジネスモデルの最大のメリットの一つは、市場規模が世界的にとても大きいという点です。同社は2019年には130か国、約2,700万人の会員にサービスを提供しています。
なお当銘柄は、「破壊的イノベーション」への投資で注目を集めるARK Invest(CEO:Cathie Wood氏)の「ARKK:ARK INNOVATION ETF」の上位構成銘柄です。こちらの参考記事をご覧ください。

 



業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年7月31日

Wikipedia(日本語)
na

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました