IG証券
コラム

ゲノム医療関連:パシフィック・バイオサイエンシズとインビティが業務提携

ゲノム医療関連の主要銘柄として個別に紹介した、パシフィック・バイオサイエンシズ(PACB)とインビティ(NVTA)の業務提携のニュースについて、ご紹介したいと思います。

以下のリンクは、パシフィック・バイオサイエンシズのプレスリリースです。(2021年1月13日)
Pacific Biosciences and Invitae to Develop Ultra-High-Throughput Clinical Whole Genome Sequencing Platform

DNAシーケンサー(DNA配列の解析装置)を手掛けるパシフィック・バイオサイエンシズ(PACB、以下PacBio)は、遺伝子検査・診断サービス大手のインビティ(NVTA)と、「PacBio社の高精度HiFiシーケンスを活用して、インビティ社の全ゲノムテスト(whole genome testing)機能を拡張するシーケンスプラットフォームの開発」について複数年の業務提携を行います。

Ark Investのニュースレターの最新号では、上記2社の提携のインパクトについて、以下のように解説されています。

PacBioのHiFiシーケンス手法は、ヒトゲノムの最も完全で正確な情報を提供すると考えています。PacBioは、インビティと提携することで、サンプル準備から大規模なデータ処理まで、顧客の課題に対する重要な洞察を得ることができます。 インビティの大量のサンプルについてシーケンスされたヒトゲノム全体の数が累積的に2倍になるごとに、PacBioのコストは28%減少します。一方インビティにとっては、分子診断分野での競合からさらに離れ、生涯を通じて患者を管理するサービスを高度化できます。最終的には、能力、リソース、ノウハウ、サンプル量の組み合わせにより、両社は、従来よりも迅速に遺伝子解析を日常の医療行為に適用できると考えます。

 

パシフィック・バイオサイエンシズについては、今月(2021年1月)、ソフトバンクが子会社を通じて出資というニュース(Bloomberg)もありました。目が離せない銘柄ですね。

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました