IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 NTLA:Intellia Therapeutics Inc(インテリア・セラピューティクス)

上の同社サイトのトップページの画像は、ノーベル賞のメダルです。2020年ノーベル化学賞を受賞したジェニファー・ダウドナ(Jennifer Doudna)氏は、ゲノム編集の画期的技術「CRISPR-cas9」を開発、インテリア・セラピューティクスの共同設立者の一人です。なおジェニファー・ダウドナ氏の共同研究者でノーベル化学賞を共に受賞したエマニュエル・シャルパンティエ氏は、同業のクリスパー・セラピューティクス(CRSP)の設立者の一人です。)

マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置くインテリア・セラピューティクスは、上述の遺伝子編集技術CRISPR-Cas9を元にした医療療法を開発するバイオサイエンスの会社です。同社は上述のCRISPR-cas9システムを利用して、トランスチレチン・アミロイド症(末梢神経にアミロイドと呼ばれる壊れたタンパク質のかたまりがたまり、本来の神経の働きを失わせることで、さまざまな症状が起きる遺伝性の難病)の治療「パイプライン:NTLA-2001」や、遺伝性血管性浮腫「パイプライン:NTLA-2002」などの治療を開発中です。
同社のパイプラインをご参照ください。

なお当銘柄は、「破壊的イノベーション」への投資で注目を集めるARK Invest(CEO:Cathie Wood氏)の「ARKK:ARK INNOVATION ETF」の構成銘柄です。こちらの参考記事をご覧ください。

ジェニファー・ダウドナ氏のTED動画も紹介しておきます。

 



業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2022年05月14日

Wikipedia(日本語)
na


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました