IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 DKS:DICK’S Sporting Goods, Inc.(ディックス・スポーティング・グッズ)

ペンシルベニア州コラオポリスに本社を置くディックス・スポーティング・グッズは、1948年同時18歳のディック・スタック氏が祖母から借りた300ドルで釣具店として創業、現在は米国最大のスポーツ用品小売チェーンです。ゴルフ専門のGolf Galaxyなど、M&Aを重ねて成長を続けており、800以上の店舗と3万人以上の従業員を擁しています。

2021年、賃料がまだ低いコロナ後の環境の中、余裕のある大手小売チェーンの出店ラッシュが起きていますが、同社は「スポーツ体験型」の店舗を開設、最新テクノロジーを使ったバッティングケージ、ゴルフ・シミュレーターなどを利用できる店舗で、「RaaS」の事例として注目されています。


RaaS(リテール・アズ・ア・サービス:Retail as a Service)とは「小売のサービス化」であり、小売業がこれまで蓄積してきた顧客情報やノウハウを活用して、テクノロジーと掛け合わせてサービス化することを意味します。

 



業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2022年06月25日

Wikipedia(日本語)
n/a


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました