IG証券
コラム

米国株「GAFAM+T」比較特集 損益計算書のビジュアル比較

はじめに

今回は、GAFAM+Tの損益計算書を、見える化して比較してみたいと思います。

GAFAM+Tは、以下の銘柄です(時価総額順)

  • AAPL:Apple Inc.
  • MSFT:Microsoft Corporation
  • AMZN:Amazon.com Inc.
  • GOOG:Alphabet Inc.
  • FB:Facebook Inc.
  • TSLA:Tesla Inc.

目次に戻る

GAFAM+Tの損益計算書比較

下の図は、GAFAM+Tの直近の10K(年次報告書)の損益計算書を、ビジュアル化して、目盛りと勘定科目をそろえて比較しています。
単位は、百万ドルです。

(クリックで拡大できます。)

  • アップル、マイクロソフト、アマゾンは、収益に貢献する複数の事業のバランスがとれていることがわかります。アルファベット(グーグル)は、広告収入への依存度がまだ高いですが、クラウド事業などが今後成長するか注目されます。フェイスブックは、ほとんどすべてが広告収入です。
  • 収益(売上高)に対する純利益の比率でみた利益率は、フェイスブックとマイクロソフトが最も高いことがわかります。
  • 収益(売上高)に対する研究開発費の比率がもっとも高いのは、フェイスブックであることがわかります。

    研究開発費売上高比率は、それぞれ以下のとおりです。
    フェイスブック:約21.5%
    アルファベット:約15.1%

    マイクロソフト:約13.5%

    アマゾン:約11.1%

    アップル:6.8%

    テスラ:約4.7%

  • フェイスブックの損益計算書をあらためて見ると、異様に利益率が高く、異様にコンパクトで、それでいて研究開発費の比率が最も高く、VR関連などで将来への投資も抜かりがありません。

    同じ広告収入の事業モデルであるアルファベットと比べても、フェイスブックの事業効率の良さが際立っています。フェイスブックは、ユーザーの個人情報・プライバシー情報を土台というか「売り物」にしているために的確な広告を打てる、という結構「すれすれな」事業モデルであるという見方があります。しかし、効率の良い広告を打てるために、広告主もメリットを享受しているところが難しいところです。

    ちなみに、「インスタグラムがフェイスブック傘下で、ユーザーの個人情報が共通利用されていること」を、知らないインスタグラムユーザーが多いのだとか・・

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました