IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 PEP:Pepsico, Inc.(ペプシコ)

ペプシコは2020年で48年連続の増配中です。ペプシコは、近年はライバルのコカ・コーラよりも市場で高く評価されています。ペプシコの売上はペプシ・コーラ以外の他の飲料ブランドや、M&Aによる菓子ブランド・朝食シリアルブランドなどに多様化されており、売上高の合計はコカ・コーラをはるかに凌いでいます。一方でケンタッキー・フライドチキンやピザハットを、Yum! Brandsにスピンオフしてきました。コカ・コーラが最終消費者向けからコーラの原液の卸売にウエイトを移す「垂直展開」であるのに対して、ペプシコは消費者の嗜好の変化に対してM&Aでアジャイルに対応する「水平展開」をしており、両社の戦略は対照的です。
ペプシコが好決算(ペプシコは経済再開銘柄?それとも巣ごもり銘柄?)
ペプシコの2Q決算は好調 ペプシコの2Qは以下の通り好調な内容でした。 データ元:ペプシコのIRサイト 2Q収益:192億ドル(市場予想:179億ドル) 2QコアEPS:1.72ドル(市場予想:1.53ドル) 2Qオ...

 


業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年7月31日

会社Webサイト
PepsiCo Home
(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました