IG証券
個別銘柄の紹介

銘柄解説 PDD:Pinduoduo Inc. (ピンドゥオドゥオ)

中国・上海に本社を置くピンドゥオドゥオ(拼多多)は、Googleの元エンジニアの黄峥氏が2015年に設立、その後わずか3年後の2018年にナスダック上場、月間アクティブユーザーで第一位のアリババに次ぐ規模で急成長しているECプラットフォームです。同社の事業モデルの特徴は「共同購入」のシステムで、ユーザーは、WeChat(ウィーチャット)などのSNSで欲しい商品情報を共有し、時間内に指定された人数の共同購入者を募ると、ゲーム感覚で激安で商品を購入できる仕組みです。大都市をターゲットにしてきたアリババやJDに対して、同社は、金銭感覚が異なる地方在住者を主なターゲットにしていることも成功の要因とされています。

 



業績・株価比較チャート(米国株.com式)
四半期ごとの売上高・当期利益(および1株当たり当期利益)の推移を、日足チャートと対比させています。
(クリックで拡大できます)最終更新日:2021年9月18日

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました